【埼玉】坂戸西高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

この生徒心得は、本校生徒の生活指針であり、これを実践することにより、よい校風の確立に励むと共に、互いに協力し規律ある明るい自主的な高校生活を過ごすように努める。なお、この心得に記載されていない事項であっても、社会通念上従わなければならない も の に つ いて は 当 然 従 う べ き であ る 。

服装・容姿

(1)服装、容姿は質素、端正、清潔を旨とし、高校生としての品位を保つこと。
(2) 服装については、別に定める服装規程による。 文化祭等、 異装するとき に は 異装 許 可 願 い を提 出 し 、 生 徒 指 導 部の 許 可 を 得 る 。
( 3 ) 頭髪 に つい て
男 子 ……清 潔 に し 、 髪が 後 襟 、 両 耳 に か から な い よ う に 整 髪 する 。パ ー マ 、 染 色 、 短髪でも デ ザ イ ン カ ッ ト 等 い た ず ら に 加 工 す る こ とは禁止する。
女 子 ……清 潔 に し 、 パ ー マ 、 カ ー ル 、 染 色 等 い た ず ら に 加 工 す る こ と は禁止する。
(4)化粧 等 、指 輪 、 イ ヤ リ ング 等 の 装飾品 は 禁 止する。
(5)休業日に登校する場合 も 制服を着用すること。 部活の遠征に関しては顧問の指示に従う。

通学

(1)交通法規及び交通道 徳をよく守り、安全に注意し、他人に迷惑を かけない よ うにする。
( 2 ) 次 に 定 める 時 刻 ま で に 登下 校 す る 。
登校時刻 8:35 下校時刻 17 :00
た だ し 、 部 活 動 や 特 別 の 事 情 で 学 校 に 残 留 す る と き は 、 教 師 の 指 導 の 下 にあ る こ と。
(3)自転車を使用して通学する場合には、保護者より所定の様式による「自転車通学許可願」を提出して許可を受け、交通安全に関する校内規程に従い、交 通 安 全 につ と め る 。
な お 、 雨 天 時 の 自 転 車 使 用 の 際 は 、 雨 ガ ッ パ を 着 用 し 、 傘 を さ し て は な らない。
( 4 ) 原 動 機 付 き 自 転 車 及 び 自 動 二 輪 ( 以 下 自 動 二 輪 等 )、 自 動 車 に よ る 通 学 は 厳 禁する。

校内生活

1集団生活の秩序を尊重し、互いに協力してよい学習環境を作るように努める。
2職 員 、 来 客 に対 し て 会 釈 を す る 。
3 職 員 室 、 事 務室 、 準 備 室 等 へ 入室の際は 、 脱 帽 、コート等を脱 ぎ挨拶する。
4 校 舎 内 外 は よく 清 掃 し 、 常 に整 理 、 整 頓 、 美 化 に努 め る 。
5 下 履 き 、 上 履き の 区 別 を は っき り す る 。
6学校施設、校具、備品等公共物は大切に扱い、 万が一 破損した場 合には、直ちに ホーム ルーム 担 任 又 は 係 の 職 員に 届 け 出 る 。
7火気を取り扱う場合は、ホームルーム担任又は係の職員の許可を得て行い、後始 末 を 完 全 にす る 。
8 所 持 品 に は すべ て 記 名 し 、 保管 に は 充 分 注 意 し 、み だ り に 貸 借 し な い。
9 学 校 生 活 に 不必 要 な も の は 、校 内 に 持 っ て き て はな ら な い 。
10盗難 や 物品を拾得又は紛失した場合には、ホームルーム担任又は係の教師に届け出る 。
11 登 校 後 は 、放 課 に な る ま で 教 師の 許 可 な く し て 校 外に 出 な い 。
12 教 室 で は 静 粛に 勉 学 に 励 み 、学 友 に 迷 惑 を 及 ぼ すこ と の な い よ う に する 。
13 授 業 の 終 始に は 、 教 師 に 礼 を する 。
14当日になって止むを得ず欠席する場合は、保護者が学校に電話等で連絡し、事後欠席届を提出する。前もって欠席することがわかっている場合は、事前にホームルーム 担 任 に届 け 出 る 。
15 遅 刻 し て 教 室に 入 る と き は 、教 師 の 許 可 を 受 け 、後 で 届 を 提 出 す る 。
16 早 退 や 欠 課 をす る 場 合 は 、 ホーム ルーム 担 任 の 許可 を 得 て 届 を 提 出 する 。
17校内の集会並びに掲示物、雑誌、パンフレット等の掲示や配布を行う場合は、責 任 者 を 定 め、 学 校 の 許 可 を 得 る。
18特定の政党や宗教 を支持したり、又はこれに反対するための政治活動及び宗教活 動 を 行 っ ては な ら な い 。
19 学 校 の 施 設 、備 品 、 校 具 を 使用 す る 場 合 は 、 学 校の 許 可 を 得 る 。
20 昼 食 は 規 定 の時 間 に 教 室 又 は所 定 の 場 所 に お い てと る 。
21 自動二輪 車 等、 自 動 車 の 免 許取 得 に つ い て の 規 程は 別 に 定 め る 。
22 週番について
ア.欠席、早退、遅刻者の調査報告
イ.伝達事項の徹底
ウ.担任教師との連絡
エ.教室内の清潔整頓
オ.ホームルーム日誌の記入
カ.始業終業の礼の号 令
キ.校舎の戸締まり
ク.その他

校外生活

( 1 ) 校 外 に おい て 、 特 に 服装、 言 動 に 注 意 し 、 社会 道 徳 に 反 し な い 行動 を 行 う 。
( 2 ) 校 外 に おい て 、 職 員 、 学友 、 知 人 等 と 挨 拶 をか わ す 。
(3)校外の団体、研究会、集会、クラブ等に加入又は出席する場合は、学校の許 可 を 得る 。
( 4 ) 旅 行 、 登山 、 キ ャ ン プ 、海 水 浴 、 ス キ ー 等 を行 う 場 合 は 、 学 校 に届 け 出 る 。
( 5 ) 本 校 生 とし て の 品 位 を 損な う よ う な 娯 楽 場 、喫 茶 店 な ど に は 出 入り し な い 。
( 6 ) 夜 間 の 外出 は 、 必 ず 保 護者 の 承 諾 を 得 る 。
( 7 ) 外 泊 に つい て は 、 保 護 者の 了 解 を 得 る 。 無 断外 泊 は し な い 。
(8)アルバイトは原則禁止 と する。但し、止むを得ない場合は、事前にホームルーム 担 任 と 相 談 し 、 保 護 者 の 署 名 捺 印 の 上 、 学 校 へ ア ル バ イ ト 許 可 願 を 出 し て から 行 う 。 長 期 間 に わ た る ア ル バ イ ト の 場 合 は 途 中 で 定 期 的 に 報 告 す る 。 ま た 、短 期 間 の ア ルバ イ ト に つ い て は 、修 了 後 担 任 に 報 告 する 。

一般

(1)生徒会、クラブ等で他校生徒との交流、試合等を行う場合は、関係教師の指 導 の もと に 所 定 の 手 続 き をし て 校 長 の 承 認 を 得て こ れらを行う。
(2)飲酒、喫煙、 違法薬物の乱用 、 シンナー、トルエン、暴力行為等は、学校の内外 を 問 わ ず 厳禁 と する。
(3)交友を常に互いに理解と友愛の精神を持ち、 男 女 を問わず 明朗、公正、清純 に 交 際し 、 明 る い 学 校 生 活を 営 む よ う に す る 。
( 4 ) 諸 届 願 書は 、 す べ て 校 長宛 と し 、 ホーム ルーム 担 任 を 通 し て 提 出す る 。
( 5 ) 諸 届 願 書の 様 式 及 び 手 続き は 別 に 定 め る 。

服装規定

男子

1.服装は黒の標準型学生服を着用し、左襟には校章のバッジ を付ける。
2 . 5 月 ~ 1 0月 の 上着着用は気温に応じて柔軟に対応 し 、 Yシャツ 着 用 、 必ず左胸のポケットに年次色の 校章のアイロンプリントをつける。
3.6月~9月では男子は白 色の学校指定ポロシャツの着用を許可する。
4.11月~3月で 厳 寒の折 には本 校指 定のV ネック のセーター を着用 して よい。な お 、 セーター 姿 で の 登 下 校 は 不 可 と す る 。 校 内 で は 上 着 を 脱 い で 授 業等受けても構わない。
5.靴下は派手なものを避け、黒、紺、白、グレー系統を 原則使用する。

女子

1 . 制服 は 本 校 指 定 の 上 衣 、 ベ ス ト 、 スカート ま た は ス ラ ッ ク ス 、 Y シ ャ ツを着用し校章入りネクタイをつける。
2.上衣はスーツ型シングル 2つボタンで、左胸にエンブレム。
3.ベストは夏冬 兼用とし、 5月~ 1 0月の上着着用は気温に応じて柔軟に対応し、Yシャツ、指定ベストを着用する。
4.6月~9月で女子は紺色 の学校指定ポロシャツの着用を許可する。
5.11月~3月 で厳 寒の折 には ベスト の代用 とし て本校 指定の Vネ ックの セーター を 着 用 し て よ い 。 な お 、 セーター 姿 で の 登 下 校 は 不 可 と す る 。 校 内では上着を脱いで授業等受けても構わない。
6 . ス ト ッ キ ン グ は 黒 色 ま た は ベ ー ジ ュ 、 ソ ッ ク ス は 華美にならず 黒 、 紺 、白、グレー系統を原則使用する。

男女共通

1.男女とも、体育着は本校指定紺色のTシャツ、短パン を使用する。
2 . 通学靴 は 黒 色 ・ 茶 色 の 革 靴 、 ま た は 運 動 靴 と し 、 ハ イ ヒ ー ル 靴 、 下 駄 、サンダル等は禁止する。 上履きは学校所定のものを使用する。
3.上衣の代用としてのカーディガン、セーター、 ベスト類は禁止する。
4.冬季のマフラーは、華美なものや特に長いものは避ける。
5 .更衣は 5 月 と 1 0月 を 移行期間と し 、 6 月 ~ 9 月 は 学 校 指 定 ポ ロ シ ャ ツ の着用を許可する。
6 .通学 用 の カ バ ン は 、 ス ポ ー ツ バ ッ グ や リ ュ ッ ク サ ッ ク 等 でよい 。 紙 袋 等は禁止する。
7 . コート の 着 用 は 黒 ま た は 紺 と す る 。 長 さ は 腰 か ら 膝 ま で と し 、 形 状 は フードなし、ダッフルコートは不可。Pコートは許可する。

服装等について

男子女子
期間10月~5月5月~10月10月~5月5月~10月
5月1日~31日・10月1日~31日は移行期間とする。
気候により上着は着用しなくてもよい。
制服標準型学生服白無地Yシャツ本校指定白無地Yシャツ
指定ベスト
標準型学生服
/裾ダブル、シングル
本校指定スカート
またはスラックス
ネクタイなし11月~4月は必ず着用する
ポロシャツ6月~9月 指定ポロシャツ(左胸ロゴ)着用可
校章左襟
校章バッジ
左胸
章プリント
左胸
エンブレム
ベスト
左胸ロゴ刺繍
コート黒・紺無地の標準型とPコート(冬季のみ着用可)
/ ダッフルコート等は認めない
上履き本校指定・体育館履き兼用
外履き黒色・茶色の革靴または運動靴。
体育授業時は運動靴を各自用意する。
靴下原則黒、紺、白、グレー系統を使用し、華美にならないこと。
女子のストッキングは黒またはベージュの無地とする。
セーター厳寒期(11月~3月)については本校指定のVセーターを着用
(女子ベストの代用とする)授業中着用可
頭髪髪の長さは目、後襟、両耳にかからない程度。
清 潔 に し 、 パ ー マ 、 カ ー ル 、 染 色 等 、 い た ず ら に 加 工 す る こ とを禁止する。
その他化粧、色つきリップ、マニキュア、金属性のネックレス、ブレスレット、イヤリング、ピアス、指輪等は禁止する。
タイトルとURLをコピーしました