【埼玉】幸手桜高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

(令和3年4月1日 一部改訂)

服装

  1. 通学にはすべて本校指定の制服を着用する。制服は以下の通りとする。
    <男子>ブレザー・ニット類・ボタンダウンシャツ・スラックス・ネクタイ
    <女子>ブレザー・ニット類・ボタンダウンシャツ・スカートまたはスラックス・リボン
    なお、女子のスカート丈は膝の下部とする。
  2. 更衣時期は原則として以下の通りとする。(以下省略)
  3. 入学式の服装については第2条の「服装」に準じる。ただし、男子のニット類については着用しない。女子のニット類については、必ず白ニットベストを着用する。
  4. 卒業式の服装については、第2条の「服装」に準じる。ただし、ニット類については、男女とも必ず紺ニットセーターを着用する。
  5. コートを着用する場合には、Pコートまたはダッフルコートで無地標準型とし、色は黒・紺・茶・灰とする。ただし、中学校で使用した黒または濃紺のスクールコートは可とする。
  6. 通学シューズは黒または焦げ茶の革靴とする。運動靴は禁止。
  7. 上履きは学校指定品とする。
  8. くつ下は白・黒・紺色の無地(ワンポイントも可)とする。ストッキングは黒または肌色とし、柄ものは禁止。肌色ストッキングの時は、くつ下を着用する。ルーズソックス類は禁止。
  9. 髪型は以下の通りとする。
    1. 男子:目、耳、襟にかからない。
    2. 女子:目にかからない(ピン止め、リボン、ヘアーバンドは華美でなければ可)。
    3. 変形刈りやアシメ(左右非対称)は禁止とする。
    4. パーマ、染色、つけ毛等の加工は禁止する。
  10. その他
    1. 化粧はしない。アクセサリー、色付きリップクリーム、マニキュア等は禁止。
    2. 通学バッグはスポーツ系あるいはリュック系のバッグを原則とし、高校生らしいものとする。
    3. 携帯電話については、校内持ち込みは可とする。登校したらすぐに電源を切り、カバンあるいはロッカーにしまい、放課後まで使用を禁止する。
      ただし、授業等で教員の指導・監督のもとに使用する場合はその限りではない。掃除の時間帯が終了後は使用を認める。違反した場合、預かり指導とする。
タイトルとURLをコピーしました