【埼玉】芸術総合高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

生 活 目 標

1 高校生としての本分を自覚し,学業に励み,教養を高め,よりよい明日を創造する。
2 積極的に学校の活動に取りくみ,心身をきたえ自律心のある豊かな幅広い人間をめざす。
3 相互の敬愛と協力のもとで,明るくいきいきした学校生活を創る。

通学

1 登下校の際は,徒歩・自転車・バス・電車利用をとわず,交通規則および交通道徳を守り,安全によく注意し,他人に迷惑をかけないよう留意する。
2 始業時刻(午前 8 時 40 分)前までに登校し,下校時刻(午後 5 時)までに下校する。下校時刻後に在校する場合は,担当教師の指導をうける。
3 自転車通学は,別に定める「自転車通学規定」の定めによる。
4 自動二輪車等及び四輪車による通学は原則として禁止する。自動二輪車免許等取得に関する規定は,別に定める「自動二輪車等に関する規程」による。また,四輪車免許取得に関する規定は別に定める「四輪車に関する規程」による。
5 登校後は,無断で校外に出ない。特に事情のある場合は担任に申し出る。

服装・所持品

1 服装は,質素で清潔なものとする。細部については別に定める「服装規定」による。
2 所持品には必ず記名し,その保管には十分注意する。また,みだりに金品の貸借はしない。学校生活に不必要な金品は持参しない。
3 物品や現金を紛失したり,拾得した場合には直ちに届け出る。

礼儀・態度

1 来客・教職員・友人をとわず挨拶をかわし,言葉づかいに気をつけ,高校生として品位ある態度で接する。
2 常に人権尊重を心がけ,互いに人格の向上に努め友情を育てる。

学 業 等

1 校内では互いに協力しあい,よい学習環境をつくるよう努める。
2 各自目標を定め,計画的・自主的に学習する。授業中は積極的に勉学に励み,相互に迷惑をかけないよう注意しあう。
3 正当な理由なく欠席・遅刻・早退をしない。やむを得ない事情のある場合には事前に担任へ届け出る。
4 生徒会活動・学校行事・部活動等には積極時に参加し活動する。
5 儀式・集会その他集合時には,係の指示に従い,敏速かつ静粛に参加する。

施設等の使用と管理・清掃

1 常に校舎内外の美化に留意し,清潔・快適な環境づくりに努める。
2 定められた区域の清掃は,互いに協力し責任をもって行う。
3 学校の諸施設・備品・校具等の使用は,ていねいに取扱い,万一破損した壊合には担当教師に届ける。
4 休業日等に登校し,学校の施設等を使用する場合には,あらかじめ申し出て許可をうける。
5 教室等の消灯・戸締りは,最後に退出する者が責任をもっておこなう。

そ の 他

1 印刷物の配布・掲示・募金・販売等を行いたい場合には,責任者を定め係教師をへて校長の許可をうけなければならない。
2 特別に団体を組織し,集会をひらく等の場合も上記の例による。
3 学校の内外をとわず,暴力行為・飲酒・喫煙・薬物乱用その他,法にふれる行為はしてはならない。
4 その他特段の定めのないことについては,教師に申し出て指導をうける。

校 外 生 活

1 校外においても,本校生としての誇りと自覚を持ち,服装・言動等に留意し,責任ある行動をとる。
2 余暇の活用に心がけ,自学・自習の習慣を身につけるほか,読書・スポーツ・家事など積極的に行う。
3 本校生として品位を損なう不健全な場所への出入りはしない。
4 夜間の外出は必ず保護者の承諾をうける。夜間の一人歩きは特にさける。
5 校外の集会・行事等に参加する場合には,内容等を十分に検討し,教師の指導と保護者の承諾のもとに慎重に判断し行動する。
6 アルバイトは原則としてしない。特別に事情がある場合には,保護者の同意のもとに届けを出し,担任の指導をうける。
7 宿泊を伴う旅行・登山・キャンプ・海水浴・スキー等を行う場合には,保護者の同意のもとに届けを出し,担任の指導をうける。
8 事故・傷病その他,問題が発生した時は,すみやかに学校(担任)へ届け出る。

諸届・願(様式は別に定める)

諸届

1 欠席・忌引
2 遅刻・早退
3 住所・氏名変更
4 保証人変更
5 紛失・盗難
6 アルバイト
7 旅行等
8 その他

諸願

1 転学・転入学・再入学
2 休学・復学
3 退学
4 在学・成績証明書
5 学割交付
6 異装
7 その他

服装 規 定

制服は、下記の定めに従い着用すること。
(1)冬期 10月1日より5月31日(ただし、移行期間を設ける)
1 学校指定のブレザーおよびスカートまたはスラックス
2 学校指定のブラウスまたはワイシャツ
3 学校指定の布製ベスト(女子のみ)
4 学校指定のリボン(スカート着用時)学校指定のネクタイ(スラックス着用時)は必ず着用すること。

5 靴下
スラックス着用時 白・黒・紺色の無地のクルーソックスとする。
スカート着用時 学校指定品または白・黒・紺色の無地のハイソックスとする。
防寒のためのタイツは黒色のみとする。

6 防寒着
セーター・カーディガン
防寒のために着用してよい。ただし、登下校時はブレザーの下に着用すること。
色は黒・紺・グレーの無地とする。また、儀式・集会等では布ベストを着用す
る。

帽子・コート・マフラー・手袋等
制服と調和のとれた華美でないものとし、登下校時のみ着用してよい。屋内では
着用しない。

(2)夏期 6月1日より9月30日(ただし、移行期間を設ける)
冬期規定に準ずる。ただし、3に学校指定のニットベスト(男女共用)を加え
る。ブレザーは着用しなくてもよい。その際は、ネクタイ・リボン、ベストも着
用しなくてもよい。

その他
1 異なる服装をする場合は、異装願いを提出し許可を得ることとする。
2 靴・かばんは制服と調和のとれたものとする。
3 上履き、体育着、体育館履きは学校指定のものとする。
4 ピアス・ネックレス・指輪などの装飾品は禁止とする。
5 化粧、染髪、パーマ等は禁止とする。
6 スカートの加工はしない。
7 髪留めの色はセーター、カーディガンに準じる。
8 その他、必要な事項については別に定めるものとする。

タイトルとURLをコピーしました