【埼玉】熊谷商業高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装規程

  1. 生徒はこの服装規定を遵守し、華美をさけ、端正な服装でなければならない。
  2. 生徒は在校期間中及び登下校の際はもちろん、その他校外を含めた学校行事、生徒会、部活動等に参加する場合にも、この服装規定を遵守しなければならない。ただし、特に学校で指示された場合、または正当なる特別の事情のある場合は、この限りでない。
  3. 生徒は所定の制服を着用しなければならない。ただし、夏期(6月1日~9月30日)においては略装でもよい。なお、上記夏期以外で、やむを得ず上衣を脱場合は略装とする。(移行期間は前後1ヶ月)
  4. 男子の制服は上下黒の詰襟型の通常の学生服とする。(図解参照)
    なお、ボタンは所定のものとする。
  5. 女子の制服は次のとおりとする。(図解参照)
    1. 上衣について
      1. 型は背広型で襟先に少し丸みをつける。
      2. 3つボタン。ただし袖は2つボタン
      3. ポケットは針内、胸は箱ポケット
      4. 色は紺、地質はサージ
    2. スカートについて
      1. 型はフレア4枚はぎ
      2. 裾巾は2m
      3. スカート丈は膝頭とする。
      4. 色と地質は上衣と同じにする。
    3. ブラウスについて
      1. 白色で無地のものを着用すること。
      2. 角襟または丸襟とする。ただし略装の場合に限り開襟シャツでもよい。
    4. ベストについて
      1. 上下取りはずしのできるもの。
      2. 色と地質は上衣と同じにする。
      3. 襟は角
      4. 左脇をあけファスナーとする
      5. ウエストはダーツをとってスカートの上に出す。

        令和2年度入学生以降については、所定の制服とする。
  6. 防寒着について
    1. コート着用の場合は、原則として黒色または紺色とする。
    2. 制服(上衣)の下にセーター類を着用の場合は、白・黒・紺・茶・灰色系統の地味なものとする。なお、令和二年度入学生以降については、所定のものとする。
  7. 略装の場合は次のとおりとする(図解参照)
    1. 男子は、白色のワイシャツまたは白色の開襟シャツでいずれも無地のものとし、ズボンは制服と同じにする。
    2. 女子は第5条(2)(3)のものとする。
  8. 履物は地味な短靴とする。ただし、上履は所定の物を使用すること。
  9. 生徒は所定のバッジを必ずつけなければならない。
    1. 男子は丸型、女子は菱形の男女とも学年色とする。
    2. つける位置は制服の場合、男子は左襟、女子は左胸とし、略装の場合、男女とも左胸とする。
  10. 靴下は無地とし、色は黒・紺とする。ストッキングは黒または肌色とする。それ以外の色物・柄物・装飾等のあるものは禁止する。
  11. 正当なる特別な事情があり、やむを得ずこの服装規程以外のものを着用する場合は、P34の異装許可願に所定の事項を記載し、保護者捺印の上、担任に提出し、学校の許可を得るものとする。
  12. この服装規程は平成18年12月8日より、全校生徒を対象に実施する。
タイトルとURLをコピーしました