【群馬】勢多農林高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒指導に関する諸規定


自分の未来のために、高校生として考え行動すること。
「自立・礼節・思いやり」一致団結
1)基本的な生活習慣を身につけると共に、学業、部活動、農業クラブ活動、学級・委員会活動、資格取得等に取り組み、有意義な高校生活を通して自らの進路実現を目指す。
2)身だしなみや礼儀を意識した行動や挨拶を通じ、良い人間関係の構築を目指す。
3)他者への思いやりを持った行動や言動を心がけること。
4)法律等に触れる行動はしないこと。
5)反社会的な目的・性格の集会には参加しないこと。
6)登校後の外出は原則として禁止する。やむを得ず外出する時には、担任の許可を得て外出届を携帯して外出をすること。帰校後、担任へ外出届を提出すること。
7)不健全な娯楽施設(パチンコ店・競輪場・競馬場・雀荘等)への立ち入りをしないこと。
8)旅行を計画する際には、以下の点を厳守すること。
①安全に配慮し、無理な旅行は実施しないこと。
②学校行事等に支障のないように計画を立てること。
③保護者が同伴しない旅行の場合は、必ず保護者の同意を得ること。
9)アルバイトを希望する場合は、以下の条件を満たした上で、所定の届出用紙に必要事項を記入し、担任を通して生徒指導部に提出する。また、必要に応じて保護者面談を行うことがある。
①保護者の責任において、指導・監督が十分にできること。
②目的が適切であること。
③法令等で規制されている職種でないこと。
④業務内容・就労時間・職場環境・安全性・期間等が適切であること。
⑤学校生活に支障がないこと。
※各定期テストの7日前からテスト最終日までアルバイトは一時中止すること。
※一年生の年間アルバイトは原則禁止(長期休業中のアルバイトは可)とする。
10)携帯電話を学校敷地内に持ち込む場合は、事前に許可願を提出し、以下の遵守事項を守ること。
①学校敷地内は使用禁止とする。
②学校敷地内は必ず電源を切り、鞄の中に入れて個人の責任において管理すること。
③下校時に保護者と迎えの連絡を取るために使用する場合は、ごく短時間、指定した場所でのみ使用を認める。
④帰宅時間が遅くなったり、気象状況等により、保護者と連絡を取る必要が生じた場合に限り、担任・部顧問等の許可をうけ、指導・監督のもと別の場所での使用を認める。
11)学校生活や本校の諸規定に違反した場合は生徒指導対象となる。注意を受けた場合は、速やかに改善すること。

2.服装規定
身だしなみは、高校生らしくさわやかであるごとを原則とする。
1)男女ともやむを得ない事情で下記規定外の身だしなみとなる時は、担任を通して異装願いを生徒指導部に提出し許可を受けること。
制服のサイズ変更は、担任を通して生徒指導部から制服修正許可書を発行しそれを持参し販売店へ修正依頼をすること(許可書がないとサイズ変更に応じてもらえません)。但し、破れ等の修理の場合、許可書は不要。
○男子
1)制服は、本校指定の学生服・ズボン・ワイシャツを着用し、指定以外のセーターやベスト等を着用してはならない。学生服には本校のバッジ・ボタンを付け、適正サイズのものを正しく着用すること。
2)夏(6月〜9月)は学生服を着用しなくてもよいが、本校指定(校章入り)のワイシャツまたはスクールポロシャツを着用する(ワイシャツはズボンの外に出さない)こと。
3)アンダーシャツは白の無地(小さなワンポイントは可)を基本とし、肌や下着が透けて見えないよう配慮する。学校指定のTシャツの着用は認める。
4)ベルトは黒か茶で華美でないものを着用すること。
5)防寒用はコート・ベスト・セーター・マフラー・手袋とする。コートの色は黒・紺・茶・白・グレー系とし華美でない高校生らしいものを着用すること。帽子類は学校地内着用禁止する(実習帽子は除く)。
通学用の靴は、革靴もしくは運動靴等とする。ブーツやサンダル等は認めない。また、かかとの踏み付けはしないこと。
7)上履きは、指定の運動靴とし先端部に記名し、落書きやかかとの踏み付けはしないこと。
8)通学用のカバンは学生カバンを原則とするが、リュックやスポーツバッグでもよい。
9)ソックスは白・紺・黒の無地(小さなワンボイントは可)のものを着用すること。くるぶしが出るものは認めない。ただし、入学式や卒業式、その他の特別な行事の時は、座ってズボンの裾から素肌が見えない長さとする。
10)頭髪の長さは、前髪が眉毛にかからず襟足は学生服の襟にかからない長さ、サイドは耳が出る長さ、もみ上げは耳の中央あたりとする。髪型の変形(パーマ、カール、整髪料の使用等)、デザイン性の高い髪型(ツーブロック、ソフトモヒカン、アシンメトリ等)、染色・脱色はしないこと。また、額の剃り込み、まゆ毛の脱毛やカットは禁止する。
11)アクセサリー(ネックレス、ビアス、指輪等)、化粧(どうらん、アイプチ、カラーコンタクト等)は禁止する。
○女子
1)制服は、本校指定の上着・スカートまたはスラックス・ベスト・ブラウスを着用し、指定以外のセーターやベスト等を着用してはならない。上着には本校のバッジを付け、スカートの長さは膝の中心とし(巻き上げ禁止)、適正サイズのものを正しく着用すること。
2) 夏(6月〜9月)は上着とベストは着用しなくてもよいが、本校指定(校章入り)ブラウスまたはスクールポロシャツを着用する(ブラウスはスカートの外に出さない)こと。
3)アンダーシャツは白の無地(小さなワンポイントは可)を基本とし、肌や下着が透けて見えないよう配慮する。学校指定のTシャツの着用は認める。
4)ベルトは黒か茶で華美でないものを着用すること。
5)防寒用はコート・スト・セーター・マフラー・手袋とする。コートの色は黒・紺・茶・白・グレー系とし華美でない高校生らしいものを着用すること。帽子類は学校敷地内着用禁止する(実習帽子は除く)。
6)通学用の靴は、革靴もしくは運動靴等とする。ブーツやハイヒール、サンダル等は認めない。かかとの踏み付けはしないこと。
7)上履きは、指定の運動靴とし先端部に記名し、落書きやかかとの踏み付けはしないこと。
8)通学用のカバンは学生カバンを原則とするが、リュックやスポーツバッグでもよい。
9)ソックスは白・紺・黒の無地(小さなワンポイントは可)のものを着用すること。くるぶしが出るもの、膝が隠れてしまうものは認めない。ストッキングを着用する場合は、肌色無地を原則とする。タイツ(11月〜3月可)は無地の黒色とし、50デニール以上を着用する。タイツとソックスを同時に着用する場合は同色とする。
10)頭髪は、髪型の変形(パーマ、カール、整髪料の使用等)、デザイン性の高い髮型(ツーブロック、アシンメトリ等)、染色・脱色・つけ毛(エクステンション)はしないこと。
また、長い場合は縛りまとめること。まゆ毛の脱毛やカットは禁止する。
11)アクセサリー(ネックレス、ピアス、指輪、ミサンガ等)、化粧(ファンデーション、アイプチ、カラーコンタクト、色つきリップ、マニキュア等)は禁止する。髪留めは黒、紺、茶としファッション性のあるものは禁止とする。

タイトルとURLをコピーしました