【群馬】渋川女子高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装に関する規程

服 

(1) ジャケット・長袖ブラウス・リボン・ベスト(ニットベスト)・スカートまたはスラックスを基本とする
(2)校章は所定の位置(左端)に必ずつける。
(3)
ジャケット・ベスト・スカート・スラックスの生地は、紺色サージとする。
(4)指定のニットベストを着用してもよ(登下校時にも可)
(5)ジャケットは襟をつめたり袖丈・着丈を短くしたりして着てはいけない。
(6) スカート丈は、膝頭中央・膝頭が隠れる程度とする。 

☆春・秋季(4月5月10月)
○ジャケット・長袖ブラウス・リボン・ベスト・スカートを組合せ、着用する。 

☆夏季用☆(6月~9月)
○ 半袖ブラウススカートまたはスラックスを着用する。
◯ 夏用スカートまたはスラックスを作る場合の生地はセルサージとする
◯ 6月1日より9月30日の間学校指定のポロシャツを着用してもよい。 

☆冬季用☆(11月~3月) 

ジャケット・長袖ブラウリボンベストスカートまたはスラックスを基本とするのため、規程のセーター・タイツを着用してもよい。
◯セーターは、Vネックの平編み(薄手のメリヤス編み)を着用すること。色は紺・の無地とする。セーターのみの登下校は認めない
校内でのセーターのみの着用はこ期間内のみとするまたや裾から過度にはみ出さないにする
☆調整期間用☆
○長袖ブラウ(リボンを含む)、または半袖ブラウス・ートまたはスラックスを着用す
ベストは気温に応じて着用する
○調整期間は衣替えの日の前後2週間を目処とする。 

コート 

冬季の登下校に防寒のためコートを着用する場合は必ずジャケットの上に着用し、次条件に合うものにする。 

(1) 布地とする。工皮革・ジーンズ地は認めない
(2)色は紺グレーの無地とする
(3) コートの丈はジャケットの丈より長いものとする。但し、極端に長いものは認めない。
(4) ジャンパーパーカー等は認めない。

 ソックス 

(1)色は紺・白で無地またはワンポイントとする。
(2) ライン入り、大きなワンポイントレース地フリル付きのものニーハイソックスは認めない。
(3) 儀式時等の際は、紺・のハイソックスとする。 

ストッキングタイツ他 

(1) 色は黒・肌色とし柄のないものとするまたタイツの色もこれに準ずる。ストッキング、タイツの上にソックスを履く場合は無地のものとする。ストッキングのみの着用は不可
(2)ッグウォーマーの着用は認めない。 

通学用靴 

(1) ローファを基本とするスニカー等で高校生らしく華美でないものも可踵のさは4cm以内とする。 

その他 

(1)髪型は校生らしく清楚にすること。パーマ厳禁。パーマと間違えられるカー脱色・染色 は禁止する。
(2) 化粧・色リップ・マニキュア等をしてはいけない
(3)装身具(指輪ブレスレット・イヤリングピアス・ネックレス・ミサンガ・数珠)を付けていけない
(4)通学用のカバンは、高校生らしく華美でないものとする
(5)儀式時等は、身だしなみに特に留意する卒業式につては最も厳粛な儀式であるため・スッキング・タイツは着用しない
(6)自転車通学者は申し出より11月1日より3月31日の間防寒着(ウインドブレーー )の着用を認める
(7)むを得ず規定以外のものを着用する場合は異装許可願」を提出する。

タイトルとURLをコピーしました