【群馬】高崎女子高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

着用上の注意

(1)服装は簡素を旨とし常に清潔に保ち品位を失わないように心掛ける。

(2)式典校外での学習では、原則として白ソックスを着用する。

(3) その他特に指示のある場合は、その指示に従う

(4)休日登校の場合も原則として制服とする。

(5) やむを得ず規定外の服装をする場合は事前に所定異装願」を提出し許可を受ける。

(6)衣替えの時おおよそ5月上旬(春型)、7月上旬(夏型)9月上旬(春秋型)、 10月上旬(冬型)を目安とする。

(7)制服は改変しなスカート丈は膝の真ん中程度レーの丈はウェスト下7cm程度とし、裾はスートの上に出して着する。

(8) ソックスはくるぶしより上で膝より下のものとする。

(9)通学用の靴は、学生靴でかかとの低いものとる(革靴・布靴等の種類について規定はないが、高校生にそぐない華美な色彩飾のものは避ける)。 は長靴を認めることもある。

(10) 冬季にコート等を着用した場、必ずその下に制服を着用する

(11) 冬季レッグウォーマーは業から終業までの間は着用できない。放課後は着用できる。

(12)冬季の黒タイツは透けない程度の厚みのあるものを用する。黒タイツに靴下をはく場合は黒ソックスとするまた冬季にレギンス(黒色、無柄)の着用を認める

(13)不必要な装身具は身に付けない

タイトルとURLをコピーしました