【群馬】伊勢崎興陽高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

頭髪・服装等の規定

第1 生活信条
1 本校に学ぶ意義を深く理解し、これを全行動の出発点とする。
2 生徒の本分は学習にある。広く深く知り、正しく判断し、あらゆる問題を解決してい
く能力を身につける。

3 よりよき国家社会を建設するための先導者として必要な資質を養い、正しい信念と責
任感を培う。
4 個性豊かな人格の完成を期するとともに、明るい学校とよい校風をつくる。

第2  服装頭髪規定
1 心 得
・本校指定の制服を正しく着用すること。
・高校生らしく清潔さを保つこと。
・就職試験や面接試験に適応する身なりを原則とし、いたずらに流行を追いかけたりしないこと。
服装規定

(1) 制服
ア男子はブレザー、指定シャツ、スラックスとする。
女子はブレザー、指定シャツ、スカート又はスラックスとする。
イ制服の着用にあたっては、着崩しや改造は禁止する。
ウ本校指定のシャツの下にインナーを着用する場合は、派手な色や柄でない物を着用する。また、外から見えないこと。

(2) 夏期服装 (6月 1日~ 9月 3 0日)
本校指定の夏期用制服を着用してもよい。

(3) ベルト
色・柄共に派手でない物を着用すること。

(4) 靴
ア派手でない物とする。ブーツ類は禁止。
イ靴のかかとを踏みつける履き方をしないこと。
ウサンダル類は認めない。

(5) 防寒着
アオーバーコートを着用する場合は許可された物とする。
オーバーコートは黒・紺・茶・ク~ v–.白色系の派手でない物とし、ジャンパーは不可とする。
イ補助防寒着は学校指定のセーターとする。

(6) カバン
他校の指定バッグなど、不適当なバッグ使用は認めない。

(7) 上履き
本校指定のサンダルを使用し、上下混用はしないこと。

(8) 靴下
ア派手な色や柄でない物、また、丈は、膝下から躁の上の間とする。

イ女子のストッキング着用は認めるが、黒または肌色系統で、無地の物とする。
ストッキング・タイツ以外の物をスカートの下に着用することは禁止する。

(9) 頭髪
アパーマネント(アイロン等も含む)・カールは禁止する。
イ薬品やドライヤーによる脱色や変色は禁止する。
ウ長さ
男子一見苦しくないよう、前は目にかからない程度、横は耳にかからない程度、後方は襟にかからない程度に整髪すること。
女子一見苦しくないよう前は目に入らない程度とする。授業や実習で支障がある場合は後ろで縛ること。髪を束ねるものについてはヘアゴムとし、地味なものとする。
工特異な髪型は禁止する。
オ額やまゆげのそり込みは禁止する。
力髭をのばすことは禁止する。
キかつらやエクステンションは禁止する。

(10) 装飾品・化粧
ア装身具(指輪、ネックレス、ビアス、ブレスレット等)を身につけたり化粧をする
ことは禁止する。
イ刺青は禁止する。

(11) 異装
病気やけがその他の理由により規定の制服を着られない場合は「異装許可願」を提
出し、許可を得ること。

クラブ(部)活動

1 別に定めてある生徒会細則に則って、生徒個々が健全な自主活動に努めること。
2 クラブ(部)の運営に当たって、自己の立場をよく自覚し、建設的な態度で活動すること。

3 クラブ(部)の役員は責任を自覚し率先任務を遂行するとともに、顧間教師と緊密な連絡をとること。クラブ(部)員の入退部は、クラプ(部)顧問が最終的に決定する。

4 放課後、クラプ(部)活動で遅くなる場合の下校時刻は 18時とする。
ただし、特別な事情がある場合には、顧問と相談の上、延長届けを提出すること。

5 部室の使用について
(1) 部室は部員相互の親睦をはかり、クラブ(部)活動の基盤として使用する。
(2) 部室は放課後以外は使用してはならない。
規定時間以外の使用は体育教師または顧問の許可をうけること。
(3) 体育局部室の鍵は顧問教師が管理し、合鍵の一つを保管する。
(4) 部員は、部室を常に清潔にし部室内外の清掃につとめる。
(5) 部室内には、クラプ(部)の必要な物品以外は置いてはならない。
また、該当部員以外の者は入ってはならない。
(6) 自転車は所定の場所に置き、部室・体育館の付近に置いてはならない。
(7) 部室の破損は使用クラプ(部)で修繕する。

6 活動場所について
(1) 各クラプは、使用する場所を常に気持ちよく活動できるよう清潔にすること。
(2) 共同で使用する場所は、その時期方法を使用するクラブ(部)の顧問と部長で話し
合って決定する。
(3) 休業日に体育館を使用iする場合は、前日までに学校施設許可願を顧間を通じて体育
教師に提出する。

7 部費について
(1) 部費を支出する場合は必ず顧問と相談すること。
(2) 部費の支出は定められた予算の範囲にとどめることを原則とする。
(3) 入部金・退部金を徴収してはならない。

8 前記各項の規定を守れないクラブ(部)は活動停止、使用禁止をすることがある。

9 定期考査 1週間前より終了までの期間、クラブ(部)活動は中止とする。ただし、大
会等で活動が必要である場合、学校長に届け出ること。

タイトルとURLをコピーしました