【栃木】真岡工業高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

服装

服装は, 質素にして清潔さを保つように心掛ける。

(1)男子生徒の服装

1 制服は本校指定のブレザー, ス フックス, ネクタイ, ワイシャツ セ ーター, ベストとする。 靴下は白色・紺色・グレー系とする。
2 プレザーの下にセーターやベストを着用する場合は, 本校指定のものとする。
3 ネクタイは, 入学時に指定されたものを用いること。
4 ベルトは必ず着用し, 色は黒色または茶色とする。
5 コ ートまたはジャンパーは, 紺色, 黒色, 茶色, 灰色の無地で, シンプルなデザインのものを着用する。
6 5月及び10月においては、移行期間(夏季・冬季)とし、 ブレザー、 ネクタイ未着用可。 夏季略装可。 セ ーターやベス トを着用する場合は, 本校指定のものとする。
7 6月1日より9月30日までは夏季略装とし, 本校指定のスラックスおよびワイシャツ, 半袖シャツを着用する。 セ ークーやベストを着用する場合は, 本校指定のものとする。
8 下履きは茶色, 黒色の靴, または運動靴を使用する。 上履きは所定の色別(学年別) スリッパを使用し,科, 氏名を記入する。
9 ワイシャツの下に着るTシャツ等については, 白無地またはワンポイントのものに限る。
10 ピアス, ネックレス, 指輪等の装飾品は禁止する。

(2)女子生徒の服装

1 制服は本校指定のプレザー, ベスト, スカ ートまたはスラックス , ネククイ, ワイシャツとする。
2 スカ ートの長さは膝丈とし,加工等をしてはいけない。
3 靴下は白, 紺および黒色ソックス, 黒色ストッキング, または肌色ス トッキングとする。
4 ブレザーの下に,セーターやベストを着用する場合は本校指定のものとする。
5 コ ートまたはジャンパーは, 紺色, 黒色, 茶色, 灰色の無地で, シンプルなデザインのものを着用する。
6 5月及び10月においては、移行期間(夏季・冬季)とし、 ブレザー、 ネクタイ未着用可。 夏季略装可。 セ ークーーやベストを着用する場合は, 本校指定のものとする。
7 6月1日より9月30日までは夏季略装とし, 本校指定のスカートまたはスラックス、 およびワイシャツ, 半袖シャツを着用する。 セーターやベストを着用する場合は, 本校指定のものとする。
8 下履きは, 黒色, 茶色の靴, または運動靴を使用する。 上履きは所定の色別(学年別)スリッパを使用し, 科, 氏名を記入する。
9 口紅, 色つきリップクリー ム, マニキュアなどでの化粧は, 禁止する。
10 ワイシャツの下に着るTシャツ等については, 白無地またはワンポイントのものに限る。
11 ピア ス , ネックレス, 指輪等の装飾品は禁止する。

(3)頭髪

1 男子生徒の頭髪は常に清潔にし,高校生らしい清そな髪型とする。(髪の毛については、正面前部は眉毛より下に伸ばさない、側面は耳に被らない、後部はYシャツに被らないこと。)
もみ上げを耳より下に長く伸ばさないこと。ツー ブロックのような極端な刈り上げはしないこと。 パーマをかけたり, 脱色, 着色したりすることは禁止する。
2 女子生徒の頭髪は常に清潔にし, 高校生らしい清そな髪型とし, パーマ, 脱色, 着色,・カールなど, 加工することを禁止する。ツーブロックのような極端な刈り上げはしないこと。 肩より長い髪は束ね, 使用するリボン, ゴムなどは黒色, 紺色, 茶色の無地とし, 見苦しくない大きさとする。

(4)その他

1 実習, 体育などの服装は, 学校指定のものを着用し, 常に清潔さを保つようにする。
2 やむをえない理由により指定以外の服装や履物で通学する場合は, 異装願を提出し許可を受ける。
3 履物, 雨具などは, 所定の場所に整頓して置く。

生徒指導部より

校内生活全般

1 いじめについては、いかなるいじめにも関わってはいけません。 本校が定める「いじめ防止基本方針」に基づき、 いじめが確認された場合は、 迅速かつ適正に措置します。(別紙「栃木県立真岡工業高等学校いじめ防止基本方針」参照)
2 本校生としての誇りを持ち、 責任と自覚のもとに、 礼儀正しく品位ある生活を心掛けてください。 高校生として問題行動があった場合は、 内部規定による特別指導を行います。
2 無断欠席・遅刻・早退は絶対にしてはいけません。 必ず保護者からの連絡をお願いします。
3 携帯電話やスマ ートフォン等は、 電源を切りカバンにしまい、 校内での使用を原則禁止します。 携帯電話等の校内持込みをする場合は、 別紙「携帯電話等の校内持ち込み許可願」の提出をお願いします。 別紙「携帯電話等使用規定」参照)
3 アルバイトは原則禁止です。 経済的な理由等のやむを得ない場合は担任へ相談してください。 無許可アルバイトが発覚した場合は、 内部規定による特別指導を行います。 別紙「アルバイト規定」参照)

服装・頭髪

1 服 装
・制服は、 本校指定のブレザー、 スラックス(スカート)、 ワイシャツ、ネクタイ、セーター・ベスト(学校指定のもの)の着用とします。
・靴下は、 白、 紺、黒、 グレー系とします。 女子のストッキングは、 黒または肌色とします。
・ 6月1日から9月30日までは夏季略装とし、5月・10月については移行期間(夏季·冬季)とします。
・冬季のコートやジャンバーは、 学校指定のものは無いため、 無地でシンプルなデザインのものとします。
・下履きは、 黒または茶色の革靴、 もしくは運動靴とします。

2. 頭髪
・高校生らしい清楚な髪型とします。 男子の前髪は眉毛より長くならない、 側面は耳に被らない、 後部は襟より長くならない、 もみ上げは耳より長くしないこととします。 女子は、 肩より長い髪は束ね、 リボンやゴムは、 黒、 紺、茶色の無地とする。 ツ ーブロックのような極端な刈り上げはしないこと。
・男女ともパーマや脱色、 毛染め等といった加工、 ピアスや化粧、 装飾品の装着は認めません。

その他

1 カバンについては、学校指定のものはありません。 教科書やノ ートが入る学生らしいものとし、 通学時には必ず持参することとします。
2 生徒手帳については、 常に携帯することとします。

アルバイト規定

この規定は、本校におけるアルバイト許可規定に関して定めたものである。

許可の条件について

アルバイトは原則禁止とする。ただし、経済的な理由等のやむを得ない場合や、 公共性及び社会貢献度の高い職種(例:郵便局等)においてアルバイトを希望する生徒は、 以下の全ての条件を満たしている者に対し許可する。
(1)学校生活等における条件
1学校生活全般において良好な者。
・成績不振でない者。(定期考査において、 全ての教科で欠点科目がないこと。)
・欠席・遅刻・早退が少ない者。
(学期において欠席2日以内。遅刻・早退の合計4日以内であること。)
2生徒指導上において特に問題のない者
3休業日(土 ・ 日・祝日)を含む平日のアルバイトを希望する場合は、 上記の条件に加え、別途内規で定めた条件の対象者である者。 この事については、 面談等により確認を行うものとする。 【通年アルバイト】
(2)実施期間について
1長期休業中(夏季・冬季・春季)のみ
2休業日(土・日・祝日長期休業中含む)
3休業日(土・日・祝日長期休業中含む)及び平日 *3の条件が必要
(3)就凜場所について
1未成年者の就労が禁止されていない業種であること。
2公序良俗に反する業種でないこと。
3危険性の高い業種でないこと。
4酒類を主に扱っている飲食店でないこと。
5勤務日 ・ 動務時間についての融通が利き、無理な勤務の強要をしないこと。
6労務災害を補償してくれること。
7その他、 高校生のアルバイトとして適切であること。

実施上の注意について

次のことを遵守すること。
1実施終了時刻は、2 0:0 0までとする。
2定期考査の1週間前及び考査期間中は実施しないこと。
3学校行事等を優先し、学校生活に支障を来さないこと。
4アルバイト実施中は、 「許可証」を必ず携帯すること。

手続きについて

(1)以下の書類とともに許可申請する。 *保護者面談を実施する場合もある。
1「アルバイト許可願」
2「生徒調査票」
3「アルバイト事業主 記入票」
4「アルバイト希望理由書」 *通年アルバイト希望者のみ
5「誓約書」
(2)当該生徒が担任、部顧問、学年主任、科長、生徒指導部長、教頭、校長の順番で許可を得る。

許可の取り消しについて

本規定で定めたことについて、違反した場合、または該当しなくなった場合は許可を取り消す。
ただし、正当な理由等がある場合には、一定期間取り消しを猶予する場合がある。

その他

(1)許可証は、アルバイト期間が経過した時点で失効する。 再び同じアルバイトを行う場合は、 1「アルバイト許可証」のみを提出して、「3手続きについて」に準じた手続きを経て許可を得る。
(2)通年アルバイトの有効期限は、 当該年度末までとする。継続して同じアルバイトを行う場合は、年度ごとに、1「アルバイト許可証」のみを提出して、「3手続きについて」に準じた手続きを経て許可を得る。
(3)原動機付自転車を使用してのアルバイトは、原則として禁止する。ただし、アルバイトの内容などにより、 原動機付自転車を使用しなければ就業困難な場合は、保護者出校の上、 所定の手続きを行い、許可を受ければ使用することができる。交通違反・事故その他生徒としての本分を逸脱した行為があった場合は、許可を取り消す。

タイトルとURLをコピーしました