【茨城】藤代紫水高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

 

服装

服装はその人の教養 ・人柄を表すものであるから,端正,清潔,質素を保持し,高校生としての品位を
失わないように心がけるべきである 。なお,服装・容儀規程を厳守すること。

Aタイプ

1) 服 種 ブレザー型上衣及びスラックス

2) 型 式 上 衣 ノッチラベル,シングル 2ツ釦,左胸アウトポケット,サイドベンツ,左右両腰,アウト
ポケット,総裏仕立て,胸ポケット剌繍入り

 スラックス ワンタック,ウエスマン付き,裾シングル,ヒザ当て付き,ループ8本

3) 釦   校章入り金メダル釦前釦21mm 2個,袖釦15mm各2個

4) 指定カーディガンについても制服とする 。(登下校,校内,授業時も着用可)

《夏制服》

スラックス ワンタック,ウエスマン付き,裾シングル,ヒザ当てなし,ループ8本

(2) 上着の下のシャツは,白ワイシャツとする 。夏季は白ワイシャツ ,又は開襟シャツを着用す
る。
(3) ネクタイは,学校指定のネクタイを着用する 。夏季の制服着用期間は,ネクタイを着けなくて
もよい。
(4) カーディガンは学校指定のカーディガンを着用する。
(5) 派手な色の靴下は避けること 。

Bタイプ

《冬制服》

l) 服種

ブレザー型上衣及びカーディガン

スカート 3ツ組

2) 型式 

上 衣 ブレザーシングル 2ツ釦,左胸アウトポケット,両腰アウトポケット,総裏仕立て,胸ポ
ケット刺繍入り, 2枚袖センターベンツ

カーディガン 紺ニット,袖刺繍入り

スカート 20本車ヒダ,左腰ポケット付き

3) 釦 校章入り金メダル釦前釦21mm 2個 袖釦15mm各2個

4) 指定のカーディガンは,登下校,校内,授業時に上着としての着用を認めるが,正装時は,ブレザーを着用すること 。

《夏制服》

1) 服種ベスト及びスカート
2) 型式

ベスト紺ニット ,羽刺繍入り

スカート 20本車ヒダ左腰ポケット付き

(2) 上着の下のシャツは,白のブラウス,カ ッターブラウスとする 。夏季は白のブラウス,又は開襟シャツとする 。夏季はブラウスの上にベストを着用する 。
(3) リボンタイは学校指定のものを着ける 。夏季の制服着用期間は, リボンタイを着けなくてもよい。
(4) カーディガンおよびベストは学校指定のものを着用する。
(5) ストッキングは黒又は肌色で,模様や飾りのないものを着用する 。ハイソックスの着用も可とす
る。式典時は黒色又は紺色のハイソックスとする 。

校内生活

学校において高校生とし ての責任をもち,秩序ある行動ができるように努力しよう 。校内では静粛を
旨とし,特に授業中は私語を慎み,学習に専念する。廊下や階段等は右側を通り,非常の際を除いては走
らない。
(1) 登校後は放課時刻までは外出しないこと 。やむを得ず外出する時は学級担任の許可を受け,外出
許可証を携帯すること 。
(2) 教科書,ノート等学習に必要なものは毎日持ち帰り,予習復習に励むこと 。学習に必要でないも
のは持ってこない。
(3) 学用品その他所持品には自分の組・氏名を明記すること。
(4) 貴重品の保管には注意し,金品の貸借はしない。
(5) 公共の物品の使用は多数の利用のあることを認識し,大切に扱うこと 。万一誤って破損.忘失し
た場合は直ちに申し出ること 。
(6) 運動用具,その他の器具備品を使用するときは,あらかじめ係職員の許可を得,規定に従って使用し,使用後はよく整頓しておくこと。

(7) 部活動,その他で教室等を使用する時は責任者を定め,顧問又は係職員の許可を受けて使用し,
使用後は整理・整頓しておくこと 。
(8) 遺失物・拾得物は直ちに学級担任又は係教師に届け出ること 。
(9) 学校で定められた時間・場所以外で飲食しないこと。
(10) 校内で掲示,張紙,陳列,配布,募金,署名等をする時は事前に係職員に申し出て許可を受ける
こと 。
(11) 校内生活を明る<清潔なものとするため,公衆道徳に反する行為をしてはいけない。
(12) 校内に突発した事件は直ちにもよりの職員に申し出ること 。
(13) スマートフォン,インターネット等の利用に当たっては法律や公共マナーに照らして十分に配慮
し,使用すること 。

校外生活

(1) 外出の際は家庭に同行者,行先, 目的,帰宅予定時刻を告げておくこと。
(2) 外泊はしないこと 。やむを得ない場合は保護者の許可を受けること 。
(3) 夜間外出は避け,特に女子は単独夜間外出をしないこと 。
(4) 未成年者立入禁止の場所や高校生として好ましくないと思われる場所には立ち入らぬこと 。
(5) 校外における交友関係には特に留意 し, 自分の身を誤ることのないよう注意すること 。
(6) 海外旅行や保護者を伴わない旅行は届け出ること。

アルバイト

無断アルバイトは禁止する 。アルバイトをしなければならない場合は以下の通 りとする。
(1) 経済的事情等により従事する場合は,保護者,学級担任とよく相談のうえ,所定用紙により届け
出ること。
(2) アルバイト先及び仕事の内容は健全で危険性がなく,風紀上も心配のないものであること。
(3) 学業に支障のないようにすること 。万一,支障をきたした場合アルバイト許可を取り消す。
(4) 1年生の 1学期は原則認めない。
(5) 考査一週間前から考査中は従事しないこと 。

交通に関する規定

運転免許証規定

1 原付運転免許取得する場合は次の手続によって
許可する 。
(1) 原付免許取得許可願及び誓約書を保護者より担任を経て願い出ること 。
(2) 免許を取得した時ぱ必ず免許取得申告書を提出する 。
(3) 運転する時は必ずヘルメットを着用し安全運転に心がける 。
(4) 原付バイクによる通学は条件を満たした者に許可する 。


2 普通免許は 3年生で,進路等により必要とする場合免許の取得のみを許可する 。その手続き等は次のとおりとする 。
(1) 自動車学校入校を希望する者は,学校へ所定用紙で保護者から担任を経て願出ること 。
(2) 自動車学校への入校は10月 1日以降とする。
(3) 受講のための欠席,欠課は認めない。ただし,検定試験については特に例外とするが,教習手帳を提示し,事前に申し出て許可を受ける 。
(4) 藤代紫水高校生であることを忘れず規律ある態度で教習を受ける 。
(5) 免許取得後在学中の運転は認めない。


3 自動二輪免許証取得は厳禁 とする 。

4 無断,無許可で免許証を取得した場合は規定により指導する 。

5 自動車の運転・生徒運転の自動車への同乗 自動二輪車の運転・同乗 (生徒以外の運転への同乗
も含む。) は厳禁 とする 。運転・同乗した場合は規定により指導する 。

自転車通学に関する規程

1 自転車通学を希望者は次のことを 遵守 し,届 出て承認を受けること 。
(1) 通学に使用する自転車は整備の完全な普通自転車であること 。
(2) 茨城県自転車防犯登録済みの自転車であること。
(3) 道路交通法の該当事項及び学校の注意を守ること 。

2 承認の手続き等は次のとおりとする 。
(1) 「自転車通学承認申請書」を保護者から担任を通じて提出する 。
(2) 「自転車通学登録票」に所要事項を記入して提出する 。
(3) 自転車通学の承認を受けた者は自転車 に登録番号のステ ッカーを貼付すること 。

交際

交際はそれぞれの立場の理解を深め,相互の立場を尊重して明るい交際とすること 。常に高校生であ
ることを忘れず,校内の秩序を乱し,学習環境を阻害するような行動ば慎み,校外においても非難を受
けるような交際であってはならない。

タイトルとURLをコピーしました