【山形】山形中央高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装

服装や身だしなみは,個人の品性や生活態度をあらわすものであるから常に質素,端正にし,生徒らしく,整えておくこと。

冬期間は上着の下に長袖セーターの着用を認めるが,Vネックで無地,白,黒,紺,茶系の色とする。
頭髪については,清潔・端正を旨とし,パーマネントや染髪は禁止する。

着用については,次の通りとする。

  • 登下校の際は,制服,靴を着用し,校内においては,制服,校内用シューズを着用すること。なお,校内用シューズは学年別に色わけした靴を使用し,外シューズは別に準備すること。
  • 学校行事,特別教育活動に参加する場合の制服等については必ず指示通りとすること。
  • 所定の制服ができないときは,学級担任に「異装通学許可願」を出して許可を受けること。
男子の制服は次の通りとする
  • 制服は指定の学生服とし,上着に所定のボタンをつけ,左襟にバッジをつけること。
  • 6月1日より9月30日までの夏期間の制服は,白無地ワイシャツ又は白無地半袖ワイシャツと,学生ズボンとする。ただし,儀式等以外の場合には,指定のポロシャツの着用も認める。
女子の制服は次の通りとする
  • 制服は,指定の紺ジャケット,スカート,ベスト,白ブラウスとし,左胸にバッジをつけること。
  • 6月1日より9月30日までの夏期間の制服は,指定のベスト,ブラウス,スカートとする。ただし,儀式等以外の場合には,指定のポロシャツの着用も認める。
  • ソックスは白黒紺無地を原則とする。ストッキングは黒を着用すること。

アルバイトについて

アルバイトについては、原則として認めない。
家庭事情、その他の事由で行わなければならないときは、許可することもある。
※家庭事情とは…保護者の失職、死別・離婚等による経済的理由で就学が困難な場合
許可…本人・保護者と担任が面談して家庭事情を判断した後、許可願いを提出させ、職種・時間等を審議したうえで 許可する。

3年生については、進路が決定し、欠点科目が無い生徒で、卒業後の進路準備のために家計を助ける理由で申し出たものに対しては、自由登校後に許可する。上記に反する行為は、特別指導の対象となる。

タイトルとURLをコピーしました