【岩手】金ケ崎高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

高校生活を豊かにするために、学習に最善を尽くすのはもちろん、健全な精神と身体の錬磨に努め、真理・友愛・前進をモットーに義務と責任を自覚して、明るく強くたくましい金ケ崎高等学校の伝統を築くため努力をしなければならない。
1 一般心得
(1) 高校生としての誇りと自覚を持ち、自主的に行動すること。
(2) 他人に迷惑をかけないよう良識ある行動をすること。
(3) 服装は「学校の規定するもの」で清潔で端正なものとすること。
(4) 時間を厳守し、節度ある明朗な生活をすること。
(5) お互いに挨拶し、礼儀を正しくすること。
(6) 校舎内外の清掃美化に努めること。
(7) 生徒会活動や部活動には積極的に参加すること。
(8) 交通法規を守ること。
(9) 余暇の善用に努めること。
(10) 感謝の心を忘れず、人のため、社会のために奉仕するよう心がけること。
2 校内生活
(1) 登下校には制服を着用のこと。ただし、夏期の略装は別に定める。
(2) 始業10分前までに登校し、余裕を持って授業に臨むこと。
(3) やむを得ず遅刻・欠席をする場合は事前に必ず連絡すること。
(4) 登校後は無断で外出をしないこと。外出、早退するときは必ず担任の許可を得ること。
(5) 登下校時の挨拶、校内での会釈を励行し、自然な礼儀を身につけること。
(6) 所持品には必ず記名し、管理に留意すること。
(7) 校舎、校具を愛し、もし誤って破損した場合は、すぐに届けること。
(8) 火気に注意し、校内では許可なく火を使用しないこと。
(9) 次の事項は、別に定めがあるもののほか、すべて所定の手続きを受けて行う。
ア 集合・合宿等(校舎外の場合も含む)の企画・実施
イ 校舎・施設・備品等の使用
ウ 生徒間での金銭・物品等の徴収
エ 印刷物等の発行・配布・掲示
オ 休日の出校及び施設の利用
(10) 学校に教科書・ノート・参考書類を置いて帰宅しないこと。
(11) 学校に娯楽誌・娯楽遊具等を持ち込まないこと。
(12) 定期考査1週間前から考査終了まで部活動を禁止する。(特別許可制)
(13) 下校の際は教室廊下の戸締まりをすること。
(14) 部活動終了時間は次のとおりとする。
月曜日~金曜日 夏季 午後6時30分
冬季 午後6時00分
3 校外生活
(1) 外出の場合は、高校生としての自覚ある行動をすること。
(2) 保護者の承諾なしの外泊・旅行はしないこと。
(3) 夜間の外出はなるべく避け、やむを得ず外出するときは保護者の承諾を受けること。この場合も午後9時までには帰宅すること。
(4) 交通法規、校内諸規定を厳守し、事故を起こさないように注意すること。
(5) 次の事項については、別に定めがあるもののほかすべて所定の手続きをし許可を受けて行うこと。
ア 他団体への所属や、他団体との集団活動を行うこと。
イ アルバイト( 事情のある場合、長期休業中7日間以内に限り許可。ただし、欠点科目3科目以内の者とする。)
ウ 下宿(自炊)をする、又は下宿を変更する。
エ 旅行、キャンプ、海水浴、登山(但し冬山登山は禁ずる)等をすること。
(6) 不健全な場所に出入りしないこと。
(7) 校外において事故等が起こった場合直ちに学校に連絡すること。
4 携帯電話・PHSの使用マナー及び使用上の留意事項
(1) 使用マナーについて
1 電車・バス等の公共の交通機関の車内や図書館・映画館・コンサート会場等の公共施設の中では使用しないこと。(利用する場合は指定の場所で)
2 病院・飛行機等電子機器に影響を及ぼす所で使用しないこと。
3 バイク・自転車等を運転中に使用しないこと。
(2) 使用上の留意事項
1 校内では電源を切り、バッグやカバンの中に入れて個人の責任のもとに保管すること。
2 授業中及び休み時間の使用は認めない。校内での使用は放課後(15:30以降)に限り認める。
3 校内ではストラップをポケットから出さないこと。
4 携帯電話の貸し借りは絶対しないこと。
5 メールによる被害・問題に巻き込まれない為に以下の点に注意すること。
ア 不健全な情報(特に出会い系サイト)等へのアクセスをしない。
イ メル友はできるだけ作らない、絶対会わない。(むやみに自分の携帯の番号を他人に教えない)
ウ 交信相手の番号を登録し、それ以外の番号からの着信メールにはでない。また、相手の番号が非通知で送信されてきた場合も出ない。
エ チェーンメールや匿名性のイタズラ電話には応じない。
オ メールによる物品(薬物等)の売買を絶対にしない。
カ ワンギリで、着信履歴が残されたものに心当たりがない場合には発信しない。
6 使用料は親か自分の小遣いなどによる支払いとなるが、使用目的と支払い能力を考え、毎月の利用限度額を設定するなどして使い過ぎを防ぐこと。
(3) 上記留意事項に反する行為が見られた場合は、携帯電話等を一定期間預かることとする。
5 証明書類の発行
(1) 身分証明書
身分証明書用紙に写真を貼付し、所定事項を記入して担任の確認を得て事務室へ提出、担任から交付を受ける。
(2) 在学証明書
証明書交付願に所要事項を記入して担任の確認印を得て事務室へ提出、交付を受ける。
(3) 鉄道運賃割引証(学割)
証明書交付願及び旅行届に所要事項を記入、担任及び生徒指導課の許可を得て事務室へ提出し、交付を受ける。

服装等

服装は華美を避け、清潔質素を旨とする。規定以外のものを着用するときは異装願いを提出し許可を受ける。
1 男 子
(1) 制服
ア 服、ズボンは本校指定(校章入り)のものとする。
イ ボタンは、本校校章入りの金ボタンをつけ左襟に学年章をつける。
ウ 夏期(6月1日~9月30日)は、本校指定の開襟シャツを着用する。
(2) オーバー、レインコート、ジャンパー類
無地で色、デザイン共に生徒らしいものであること。
(3) ソックスは白無地とする。但し、ワンポイントまで可とする。
(4) 履 物
ア 原則として黒茶系統の短靴又は運動靴とする。ただし、雨天の場合と冬期間についてはこの限りではない。
イ 校内で使用する上履きは、本校指定のものであること。( スリッパ履きをしないこと )
(5) 頭髪等
ア 常に生徒らしい清潔で簡素なものであること。
イ 長髪の場合でも、襟の線より短いこと。華美な装身具(ピアス・指輪等)及びパーマや染髪等は禁止する。
2 女 子
(1) 制服
ア 本校制定の濃紺サージの上衣とニットのセーター、8本ひだの同色スカートと本校指定の白ブラウス(左腕に校章入り)を着用する。
イ 左胸に学年別の校章をつける。
ウ 夏期(6月1日~9月30日)は、白ブラウス、ベスト、スカートとする。
(2) オーバー、レインコート、ジャンパー類
無地で色、デザイン共に生徒らしいものであること。
(3) ソックス、ストッキング
ストッキングを使用する場合は、黒色又は、肌色。ソックスは白無地とするがワンボイントまでは可とする。(但し、黒ストッキング使用の場合は、黒色のソックスも可。)
(4) 履 物
ア 原則として黒茶系統の短靴又は運動靴とする。ただし、雨天の場合と冬期間についてはこの限りではない。
イ 校内で使用する上履きは、本校指定のものであること。( スリッパ履きをしないこと )
(5) 頭髪等
ア 常に生徒らしい清潔で簡素なものであること。
イ ロングヘアーの場合は、肩の線より短く束ねること。華美な装身具(ピアス・指輪等)及びパーマや染髪等は禁止する。

部活動について

この規定は別に定めがあるもののほか、校内における部活動及び部活動当番に関し必要な事項を定めるものとする。
1 部活動
(1)部活動は年間計画に基づき月毎活動計画を作成し、実施されるものとする。
ア 活動時間
(ア) 平常日(月~金)の場合
部活動時間(3月~10月)18:30まで(19:00生徒下校)
(11月~2月)18:00まで(18:30生徒下校)
(イ) 土・日曜日、祝祭日等の休業日の場合
土・日曜日、祝祭日 9:00~12:00まで(12:30生徒下校)
長期休業中の土・日曜日、祝祭日の部活動は顧問の責任のもとに行う。
(ウ) その他
全校行事及びその他の都合により午前授業の場合
16:30まで(17:00生徒下校)
イ 活動場所
(ア) 学校施設の利用を原則とする。
やむを得ない場合はこの限りではない。
(イ) 土・日曜日、祝祭日等の休業日における活動場所は教室棟及び管理棟以外とする。
(ウ) 雨天時における臨時の室内トレーニングは、特別教室棟の廊下に限る。
(2)次の場合は、部活動を禁止する。
ア 定期考査前1週間と定期考査期間(最終日は含まない)(特別許可を除く)
イ 年末年始(12月28日~1月3日)と盆(8月13日~16日)の11日間
ウ その他特別な事情で校長が承認しない日
2 部活動当番
(1)当番割当
ア 平常日、土曜日、日曜日、祝祭日の休日の場合とに分け、それぞれ教員の輪番制により実施する。
イ 部活動を認めない日については、当番をおかない。
(2)任務に当たる時間は、次の通りとする。

部活動当番執務部活動
開始
部活動当番
開始時間
部活動終了部活動生徒
下校完了
部活動当番
終了時間
平常日
月~金
3~10月15:4518:3019:0019:00
11~2月18:0018:3018:30
土・日曜日 祝祭日
休日
9:009:0012:0012:3012:30

(3)任務
次に掲げる事項を処理する。
ア 部活動状況の確認と巡回指導
イ 災害その他の突発事故に対する措置
ウ 後始末・戸締まり・下校時間の徹底
エ 土・日曜日、祝祭日の休業にあっては、開錠と施錠
オ 部活動記録日誌の記載
(4)土・日曜日、祝祭日等の休業日における鍵の受け渡し
ア 鍵保管者より、該当日の前日までに鍵使用簿に記入のうえ借用し、翌日保管者に返却すること。(連休の場合、この限りではない)

合宿について

1 合宿は、各部、年2回以内とする。
2 合宿は長期休業中に実施し、年間延べ10日以内とする。
3 合宿を行う部は、実施計画書を付し、合宿許可願いと保護者承諾書を顧問を通じ学校長に提出し、許可を得ること。
4 合宿の活動はあらかじめ承認された計画書に基づいて実施すること。
5 合宿中は常に顧問が同宿し、その指導監督にあたること。
6 合宿中の活動を毎日記録し、顧問に提出すること。
7 合宿中に事故、病気等が発生した場合、ただちに顧問は学校長に報告すること。
8 合宿の計画・目的から逸脱した行為・行動があった場合には、学校長は合宿の中止を命ずることがある。

バイク及び自転車利用について(改訂版)

【 バイク 】
1 通学許可について
バイク通学は次の要件を満たした場合に許可する。
(1)電車・バス等の交通機関が利用できず、バイクでなければ著しく通学に支障をきたす場合。
(2)部活動に積極的に参加し通学に支障をきたす場合。(なお、部活動から離れた場合は、免許証を学校に預けることとする)
(3)通学距離が原則として8km以上20km以内である場合。
(4)使用するバイクは原動機付自転車スクータータイプであること。
2 免許の取得について
(1)通学のため運転免許を取得しようとする者は、保護者及び学級担任の同意を得た上で、「バイク免許取得並びにバイク通学許可願」を提出し、許可を受けること。
(2)バイク免許取得並びにバイク通学許可願」の申請は年1回(2月)とする。
(3)免許センターでの受験は春季休業中、学校の指定する期間内に行うこと。(免許を取得するための遅刻・欠席・早退は絶対にしないこと)
(4)免許センターで学科試験を受験し、合格した者は、学校の指定する日に公安委員会の企画するバイク実技講習会を受講し、免許の交付を受けた上で、免許を一時学校に預けること。
(5)預かった免許証は、実技講習後に行われるバイク通学許可式にて返却する。
3 運用上の注意
(1)バイクの使用は、原則として授業日及び課外、部活動を行う休業日、長期休業中の登下校時とする。
(2)教育活動上の理由がある場合に限り、その使用用途を広げることができる。ただし、その場合には「通学許可について(3)」に規程する距離(8km以上20km以内)を目安とし、部活動上の使用においては部顧問が安全指導にあたる。それ以外の目的での使用は禁止する。
(3)道路交通法を遵守するのはもちろんのこと、安全を第一に考えた運用を心がけ、特に二人乗りは厳禁とする。
(4)バイクで通学を行う場合は、原則として白色標準形のヘルメットを着用すること。
(5)バイクの泥よけ部に学校指定のプレートを付けること。
(6)バイクを友人に貸与したり、または借り受けたりしないこと。
(7)バイクは常に十分な整備を行い、所定のバイク置き場に整頓して保管すること。
(8)冬期間(12月~2月)は、バイク使用を停止する。
4 その他
(1)交通違反で補導を受けたとき、事故を起こしたときは直ちに学級担任に報告すること。
(2)交通法規はもちろん、この規程に違反した場合は交通安全処置基準に従って指導する。(在学期間中バイク使用を禁止することがある。)
(3)管理及び運用、整備不良等に関して再三注意を受け、なお指導に従わない場合には、バイク通学許可を取り消すことがある。
【 自転車 】
1 自転車通学を希望する生徒は予め学級担任に、その旨を口頭で申し出ること。
2 登録と同時に学校で交付するステッカーを使用自転車に貼り付けること。
3 自転車の2人乗り、傘さし、片手運転等危険な運転行為は絶対しないこと。
4 許可のない自転車を使用したり、他人の自転車を無断借用したり、放置したりしないこと。
5 自転車は常に所定の自転車置き場に整頓して保管すること。
6 管理・整備不良で再三注意を受け、なおそれに従わない場合には、自転車利用許可を取り消すことがある。

交通安全教育処置基準

1 指導基準点数
1点 泥除け不貼付、ヘルメット無着用、バイク貸借、並走進行、免許不携帯、車体整備不良、自損事故
2点 免許取得のための欠席、目的外の使用、追い越し違反、スピード違反(20km/h未満)、現場指示の違反、横断歩行者妨害、整備不良(ブレーキ)、安全運転義務違反、免許条件違反、報告義務違反、指定場所の一時不停止
3点 無灯火、無許可バイク使用、信号無視、スピード違反(30km/h未満)、バイク貸借(無免許者へ)、二人乗り
5点 無免許運転、自動二輪運転、人身事故、スピード違反(30km/h以上)、免許証無許可取得
8点 酒気帯び運転、薬物乱用運転、四輪車運転、集団暴走行為
2 指導処置内容
すべて反省文の提出の上、
1点 担任注意
2点 生徒課注意
3点~4点 生徒課長説諭、保護者召喚
5点~7点 校長説諭、家庭謹慎、保護者召喚、[一定期間使用禁止]
8点以上 5点以上の指導処置内容、使用許可取り消し
3 運用上の留意点
ア 点数は在学3年間加算する。
イ 5点以上は職員会議にはかり、指導処置は校長が決定する。
附 則
平成23年5月19日一部改訂

自動車学校通学

1 通学許可について
(1)就職希望者で、欠点科目(1・2期考査通算で80点未満)が3科目以下で、かつ12単位以下の生徒で学校長より許可された者。
ただし、次の者については通学を許可しない。
欠席・遅刻・早退が多い者、生活行動面やその他で不適当と認めた者、及び諸会費未納の者。
(2)通学許可
ア 3期末考査の翌日以降で(1)の規定に合致し校長より許可された者。
イ 2月1日から(1)以外の者で学校長より許可された者。
ただし、進学希望の生徒については、在学中の通学は原則として認めない。
2 遵守すべき事項
(1)本校の授業や出校日に支障のない日時に通学すること。
仮検定・卒業検定以外の欠席は認めない。 (ただし欠席扱いとする)
(2)免許取得のための本試験(免許センター等)の受験は本校卒業まで認めない。
(3)自動車学校通学の際は、高校生としての本分に反する行為はしないこと。
(4) 宿泊講習での免許取得は認めない。
上記の諸条件に違反した者は取得許可を取り消す。
附 則 平成23年5月19日改定

部室使用規程

(目 的)
第1条 本規程は、部室の管理運営の徹底を期し、合わせて生徒の自治と責任を涵養し、集団規律を確立することを目的とする。
(使用目的)
第2条 部室は、運動部において部活動用具の管理室であり、部員の更衣場所である。また文化部においては部の備品の保管及び活動の場所である。よって部室を使用目的以外に使用してはならない。
(使用時間)
第3条 部室の使用時間は放課後とする。
(使用上の注意)
第4条 部室の使用については特に次の各号に留意すること。
(1)整理整頓に留意し、部の器具、用具及び個人の被服用具の管理を十分にすること。
(2)金銭その他貴重品等は部室内に置かないこと。
(3)備え付けの照明器具以外の電気器具を許可なく持ち込んだり、設置したりすることを禁止する。
(4)風紀上問題となる行動は絶対にしないこと。
(5)部室入口には、その部名を表わす表札を提示すること。
(6)一切の火気使用を認めない。
(7)部員以外の入室を禁止する。
(施錠と鍵の管理)
第5条 職員室の鍵箱を利用。部室鍵貸出簿に記入して鍵を使用し、時間までに施錠、返却のこと。
(清 掃)
第6条 部室の清掃は、火、木、土曜日とし、各部の責任の下に実施する。また、トイレについては各部の割当とし、各部が責任を持って実施する。
(破損、修繕)
第7条 部室を破損した場合、または破損個所を発見した場合は顧問を経て生徒指導課に届け出ること。
2 修理に要する費用は、原則として各部の負担とするが、不可抗力による破損と認められる場合には、学校の費用で修復する。
(定期点検)
第8条 関係職員(顧問等)は、定期的に部室を巡視し、部室の使用について指導助言を行い、その管理運営の適正を図るものとする。
(規程遵守違反)
第9条 本規程に違反した場合、または再三の警告にもかかわらず改善されないと判断されるときは、部室の使用を停止することがある。
(トレーニング室)
第10条 本部室に設置されているトレーニング室の利用については別に定める。
附 則
この規程は、平成19年4月1日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました