【北海道】千歳北陽高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生活のきまり

1 登校・下校
(1) 登校
8時 00分~ 8時 30分までに登校しなければならない。
(2) 欠席
欠席する場合は、保護者を通じて事前にHR担任に連絡する。
(3) 遅刻および遅刻届
ア 遅刻する場合は、保護者を通じて事前にHR担任に連絡する。
イ 遅刻した時は、遅刻届と入室許可願を提出する。
(4) 早退および早退届
ア 早退する場合は、早退届をHR担任に提出して早退許可証を携行する。
イ 保護者からの連絡がなくて早退させる場合は、生徒が帰宅した時点で保護者が
HR担任に連絡する。
(5) 外出および外出届
外出する時はHR担任の許可を得、外出届を帰校まで携行する。
(6) 下校
下校は 16時 45分(土曜日は 12時)までとする。

2 校内生活
(1) 日直
ア学級に日直をおく。
イ 日直は下記の仕事をする。
(ア)学級日誌を記録する
(イ)黒板をきれいに拭く。
(ウ)教室の整理整頓をする。
(エ) HR教室前の廊下の清掃をする。
(オ)その他学級に関すること。
(2) 掃除
ア 掃除要領に従って、丁寧に行なう。
イ 掃除終了後は監督の点検を受ける。
(3) 身だしなみ
ア 頭髪・服装規定(別記)を守る。
イ 化粧をしない。
ウ 指輪・イヤリング等装飾類の禁止。
(4) 遺失物
ア 遺失物の保管は、各学期の末日までとし、それ以降は学校で善処する。
(5) 教室等の使用
ア 空き教室には入らない。
イ 特別教室に入る時は許可を得る。
ウ 更衣室は体育及び部活動時のみ使用する。
(6) 掲示物等
ア 掲示物・ビラ・印刷物(アンケートも含む)の配布等は、学校の許可を得る。
イ 期日を過ぎた掲示物は、責任者が撤去する。
(7) その他
ア公共物を大切にする。
イ 学習に不必要なものは持ち込まない。
ウ 校舎内外をきれいに保つ。

3 通学
(1) 自転車通学
ア自転車通学する者は、通学届を提出し所定のシールを決められた場所に貼付す
る。
イ 自転車通学する者は、常に整備・点検するとともに交通法規を遵守する。
ウ 冬期間は禁止する。(期間はその都度学校で判断する)
(2) 自動車の利用
営業車及び保護者が運転する自動車以外の車両に乗ってはいけない。

4 車両の免許取得及び運転
(1)車両(原付・自動二輪・普通車)の免許取得・運転及び同乗は禁止する。但し第 3
学年の二学期末考査以降は、免許取得を特別に許可することがある。詳細は運転免
許取得規定による。

5 旅行
(1) 宿泊を伴う旅行(キャンプを含む)をする時は、成人の同伴者を必要とし、旅行届
を提出する。
(2) 常に身分証明書を携行する。

6 アルバイト
(1) アルバイトは、原則として禁止する。
(2)家庭の事情によりアルバイトをする場合は、アルバイト届を担任に提出すること。
(3) 下記の項目に該当する場合は許可しない。
ア 学業成績及び出席状況が悪い場合。
イ 酒類を提供する職種。
ウ 20時以降に就労する場合。
エ ー週間に 4日以上労働する場合。(長期休業中は除く)
オ 定期考査一週間前及び考査期間中。
力 その他学校が好ましくないと判断した場合。
(※ 無届で発見された時は、保護者に連絡し指導する。)

7 その他
(1) の外出は保護者に行先を告げ、 21時までには帰宅する。
(2) 外泊は、原則として禁止する。
(3) 18才未満立ち入り禁止の場所への立ち入りを禁止する。
(4) 通学時は身分証明書を携行する。

頭髪・服装規定

I 頭髪

(1)パーマ・染色・脱色等の頭髪への加工は禁止する。
(2)頭髪は清楚なものとする。

II 服装

1 制服
(1) 上衣
学校所定のブレザーとする。
(2) ズボン及びスカート
ア 学校所定のズボン及びスカートとする。
イ スカートの裾(下端)は、膝の上端から膝の下端までとする。
(3) ワイシャツ及びブラウス
ア 男子は学校所定のワイシャツとし、左腕にイニシャルを刺繍したものとする。
イ 女子は学校所定のブラウスとし、左腕にイニシャルを刺繍したものとする。
(4) ネクタイ・リボン
男女ともに学校所定のものを着用する。
(5) ベスト
女子は学校所定のベストを着用する。
(6)靴下
ア 靴下は華美でないものとしする。
イ 儀式等は、男子は白ソックス、女子は黒のストッキングとする。
ウ 女子の靴下は、黒または紺のハイソックスを着用する。

2 夏季の服装
(1) 夏季とは、特に暑さの厳しい期間とする。(期間はその都度学校で判断する)
(2) 上着の着用は自由とする。

3 冬季の服装
(1) 冬季とは、特に寒さの厳しい時期とする。(期間はその都度学校で判断する)
(2) オーバー等外套類は華美でないものとする。
(3) 冬季においては、上衣の下に無地の白・黒・紺・グレーのVネックのセーター・
カーディガンを着用してもよい。

4 靴
(1) 靴は学校所定のものとする。
(2) 外靴は、通学に適するものとする。
(3) 下駄・サンダル類による通学は禁止する。

5 その他
(1) 制服は指定店で購入すること。
(2) 制服以外で登校するときは、異装届を提出し、許可を受けること。
(3) 他校訪問及び対外試合に出るときは、制服または所定のトレーニングウエア、各
部指定の服装とずる。
(4) 休業日等の登下校は、制服または所定のトレーニングウエア、各部指定の服装と
する。

タイトルとURLをコピーしました