【北海道】清水高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

清水高校の生活

1, 校内での生活

(1) 登校時間
8時 15分には生徒玄関を施錠する。それ以降は、職員玄関より入校する。
(2) 遅刻・欠席
遅刻した生徒は、生徒手帳の届け出欄に必要事項を記入し、担任に押印してもらうこと。
欠席については、保護者から担任へ電話連絡をすること。
※ 8時 05分からの 10分間は打ち合わせ中なので、緊急時以外避ける。

(3) 早退
早退する場合は、担任に申し出る。理由を述べて許可を得てから、生徒手帳の届け出欄に記入し押印し
てもらうこと。
(4)・休み時間の外出
外出は担任等がやむを得ないと判断した場合に限り許可される。その際は外出許可証に押印してもらい、帰校後は、担任に報告し確認(押印)してもらうこと。
(5) 放課後
SHR、清掃終了後は、各交通機関にあわせ、すみやかに下校すること。
諸活動で帰宅が 19時以降になった場合は、指導教諭に報告をしてから、職員玄関より下校すること。
(セキュリティー上の問題から)
(6) 校具の使用
机.椅子は卒業まで、所定の物を使用すること。汚損、破損があった場合は弁償の対象となる。
学校施設及び校具を汚損、または破損してしまった場合は、すみやかに申し出ること。申し出が無かっ
た場合には、特別指導の対象になることがある。

2, 校外での生活について

(1) 登校・下校
1登校・下校について
JR通学生は、登下校時、プリマハム側の道路を通行すること。
高架橋側(地下道側)の通路の使用を厳禁とする。
※小学生通学の安全確保のため。(清水町の生徒指導連絡協識会での決定事項)
自宅生、下宿生は、小中学生の通学の妨げにならないように注意すること。(小中学生優先)
交通安全上、歩道からはみ出ず歩くこと。
2列車通学生について
列車の利用においては、一般客を優先すること。
列車内での他人に迷惑をかける行為(大きな声、通路にたむろ、地べた座り、座席占有)は、厳禁とす
る。(著しく迷惑をかけた場合は、指導の対象となる。)
車両内の立ち入り禁止区域(車両間の運転席等)に、立ち入ることを禁止する。
むやみに車両間を移動する行為は慎むこと。
駅舎でのマナーを厳守すること。(話し声、ゴミのポイ捨て、扉の開放)
定期券は、駅員にしつかりと見えるように提示すること。
ホームからの飛び降りや踏切からの近道など、線路内への立ち入りは、特別指導の対象となる。

3バス通学生について
バスの利用においては、列車同様のマナーを守ること。
清水町のスクールバスを利用している生徒は、車内での飲食並びに携帯電話、ゲーム機の使用を禁止す
る。(小中学校の決まりに合わせる。)
3自転車通学生について
自転車通学は届出制とする。交通ルールを十分に守り、特に登下校時の小学生等へ配慮をすること。冬季は事 防止の為、学校で自転車通学禁止期間を定め、その間自転車通学を禁止する。
4普通自動車免許取得について
自動車学校の入校は 3年次後期中間考査終了後とする。
取得のための条件が満たされ、所定の手続きを経た者について許可する。
無許可の免許取得、取得後の自動車の運転は、特別指導の対象とする。
5原付、二輪運転免許取得について
上記車両の免許取得、乗車、車両の所持は一切禁止とする。違反者は、特別指導の対象となる。
(2) アルバイト
学業を優先する本来の意味から、アルバイトについては許可制とする。アルバイトを希望する者は、担
任に所定様式を提出した後、生徒指導部の検討を経て、許可される。
無許可でアルバイトを行った場合は、担当教諭からの指導を受けなければならない。
業務内容は、未成年である高校生にふさわしい内容であることが前提となる。特に居酒屋、スナックな
ど飲酒を主とする飲食店や危険を伴う業務内容である場合は許可しない。「北海道青少年健全育成条例」違反する業務や「国の定める風俗営業及び業務の適正化等に関する法律」に当てはまる業務のアルバイトは、固く禁止をする。
就業の終了時間は、帰宅の・完了が 22時となるようにする。
成績不振者の生徒については、許可しない。
1年次生のアルバイトは、原則として夏期休業開始日から許可する。

3, 身だしなみについて

(1) 服装登下校は、制服とする。
(2) 頭髪・装飾品 頭髪は、染色、ハ ゚ーマ、ウェーブ、カール、ツーブロック、アシンメトリ—等の加工は認めない。化粧や装飾品をつけることは認めない。コンタクトレンズについては通常の物に限る。カラーコンタクト等は禁止する。

4, 特別指導について

(1)問題行動の措置
訓告指導
停学指導
その他の指導

保護者召喚の上、学校長からの訓告を受ける。
出席停止となり、自宅又は別室での指導を一定期間受ける。
著しく社会秩序・学校秩序を乱した場合や再三の指導にも改善が認められなかった場合は、今後の進路の方向性を問う指導もあり得る。
校舎・校具の破損、危険物・不要物品の所持、ネットワーク上の不適切な表現、未成年立ち入り禁止場所への立ち入り、喫煙・喫煙具所持並びに喫煙同席、飲酒行為並びに飲酒同席、考査中の不正行為、無届けによる各種免許の取得、無免許運転及び同乗、窃盗、金銭強要、交通機関への不正乗車などの触法行為、シンナー等の薬物乱用、暴力、威圧、いじめ、授業妨害、暴言等は、特別指導の対象となる。

※生徒指導部による案件の場合、指導が終了するまではHRへは戻さず別室での指導となる。

タイトルとURLをコピーしました