【北海道】江別高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

登下校について

(1) 交通規則を遵守し、安全に心掛ける。また、交通マナーを尊重し、他人に迷惑をかけないこと。
(2) 登下校は、サンダル、つつかけ等は用いない。
(3) 自転車通学は届出により許可をする。ただし、本校が指定する期間とし、下記の条件を満たすこととする。
(ア)被害・加害に対応できる、対人・対物保険に加入済みであること。
(イ)江別高校のシールを貼ること。
(4) 自転車の二人乗り、並列走行及び危険な走行はしない。
(5) 自転車は、決められた場所に整頓して置き、必ず施錠する。

欠席・遅刻・早退について

(1) 登校時間は 8時30分までとし、下校時間は 16時40分を基本とする。
(2) 欠席をする場合は 8時10分までに、保護者が電話で学級担任に連絡する。
(3) 8時 35分までに HR教室に入室していない場合は遅刻とする。
(4) 遅刻者は、職員室で入室許可証に必要事項を記入し、学年の先生、もしくは他学年の先生の印をもらい、教室に入る。教科担任に印をもらい授業終了後、直ちに担任に提出する。
(5) 欠課・早退する場合は、その都度担任へ申し出るとともに所定の用紙に記入し、担任に印をもらう。

頭髪等について

(1) パーマ・染髪等の加工はしない。
(2) マニュキュア、口紅等の化粧や指輪はしない。
(3) ネックレス、ピアス等の装身具はつけない。

所持品について

(1) 身分証明書は常時携帯する。
(2) 学校に必要でないものは学校へ持参しない。
(3) 各自の所持品には記名し、教科書類は毎日持ち帰る。
(4) 貴重品・金銭の管理に注意し、身から離すときは担任等に預ける。
(5) 校内で物を紛失した場合は、ー担任に速やかに申し出る。その後遺失物届もしくは盗難届を担任に提出する。

校外生活について

(1) 夜間外出は 21時までとする。ただし、保護者同伴のときは、この限りではない。
(2) 外出時の服装は、高校生らしさを失わず、清楚な服装に心掛ける。
(3) 18オ未満の者が入場できない遊技場への出入りしない。
(4) 触法行為や、それを疑われるような行動は厳禁する。
(5) 男女交際は明朗なものとし、疑われるような行動は慎む。
(6) 外部団体との交流や、各稲集会・行事に参加する場合は、学校に届け出る。

アルバイトについて

(1) アルバイトは長期休業中を原則とし、必ず届を提出すること。
(2) 平日のアルバイトは、原則的に禁止する。ただし、経済的理由及び特別な事情がある場合は届出により認める。
(3) 詳細についてはアルバイト規程(細則)を参照のこと。

運転免許取得について

(1) 在学中の運転免許の取得は禁止する。ただし、普通自動車運転免許の取得については、 3学年後期中間考査終了後、別途定める許可条件のもとで許可する。
(2) 詳細については車両運転免許取得に関する規定を参照のこと。

その他

(1) 携帯電話は、授業中電源を切ってカバンにしまうこと。
(2) 施設設備を大切にすること。破損等をした場合は弁償を原則とする。
(3) 生徒同士の物品の売買はしない。
(4) 校地内で火気を使用する場合は、学校の許可を受けなければならない。
(5) 休日・休業中の登校は制服を基本とする。なお、校舎の使用は 17時までとする。

服装規定

 男  子
冬 季学生服は黒の標準学生服とし、上下着用する。

1. ボタンは本校用のものを付ける。
2. 学生服には左襟に襟章をつける。
3. ズボンには校章をつける。
4. 白ワイシャツの裾はズボンの中に入れる。

夏 季冬季に準ずる。ただし、上着はできるだけ着用しない。着用しない場合は白ワイシャツとする。
 女 子
冬 季

濃紺のセーラー服上下を着用する。
ただし白線二本をセーラーの襟に付ける。
またネクタイは黒とする。

1. 白線のつけ方は普通の状態のものでよい。したがって白線の間隔については特に定めない。
2. 冬季、夏季とも女子用胸章を胸ポケット上部中央に付ける。
3. スカート丈は、床上がり27cmから膝が完全に隠れる間とする。
また、裾に必ず校章と名前を付ける。

夏 季冬季に準ずるが、上着のみ白のセーターとする。

洗濯・修理等により制服の着用ができない場合は下記に準ずるものの着用を認める。
洗濯・修理等以外は認めない。
男子 黒または濃紺のズボン、黒、グレーまたは濃紺のセーター。
女子 白のブラウス。黒、グレーまたは濃紺のカーディガン。・
いずれも、無地とする。

(女子のみ)
①夏・冬に限らず、防寒対策としてのカーディガンの着用を認める。色は黒・濃紺・グレーとし、セーラー服の上に着用する。
②寒い時に着用するタイツの色は、黒またはベージュ色(肌色)とする。
③タイツをはかない時のソックスは、黒または濃紺のハイソックスとし、ふくらはぎが隠れる長さまでとする。

タイトルとURLをコピーしました