【秋田】大曲工業高等学校の校則

秋田県に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等を掲載しています

生徒心得

本校生徒は次の心得を守り、自ら学ぶ意欲と正しい判断力を養い、将来有為な社会人となるよう努力しなければならない。

登校、下校

(1) 登校 SHR開始10分前までに登校すること
(2) 下校、用事のない限り、できるだけ早く下校すること

校内

(1) 遅刻、早退、欠課の湯合はHR担任または教科担任にその事由を告げ許可を得てから着席、または退席すること。
(2) 始業合図と同時に教室に入り、静かに授業の態勢をとること。
(3) 登校後は下校時まで外出してはならない。やむを得ず外出する時は外出許可証を使用し、許可をHR担任等から得ること。
(4) 職員、来訪者に会ったときは、あいさつ、会釈を忘れないこと。
(5) 室内ではやむを得ない場合のほかはオーバー、コート、襟巻、手袋などをつけないこと。
(6) 授業以外で学校の施設や校具を使用する湯合は係職員の指示のもとで使用すること。
(7) 休業日の校舎、校具の使用についてはあらかじめ使用許可願による許可を得た後、係職員のもとで使用すること。

服装、容姿

(1) 服装、容姿は端正、清潔を心掛け、装飾品(ピアス等)・化粧は禁止とする。
(2) 服装は男女共本校指定の制服を着用する。(詳細は別紙による。)
夏服装は 6月1日から9月30日までとする。
(3) 頭髪は高校生らしい蓋髪を心掛け、パーマネントをかけたり、染色、脱色をしないこと。(詳細は別紙による。)
(4) 通学時の履物は学生にふさわしい物とし、高価で華美な物は履いてこないこと。
(5) 登下校時、冬季上着の上に着用してよいものは、オーパー、コート等とする。
(革ジャンパー、カーディガンは禁止する。)
(6) やむを得ず異装する場合は所定の手続きをして許可を得ること。

所持品

(1) 校内では金銭や貴重品の管理に十分注意すること。
(2) 所持品には自己の学年、氏名を明記すること。
(3) 学習上不必要なものは持参しないこと。
(4) 拾得物や造失物があった湯合、また盗難にあった場合はただちにHR担任に届けること。

欠席、忌引

(1) 欠席は予め生徒手帳に必要事項を記入し、保護者捺印の上届け出ること。
(2) 病気やけが等の事由で、急に欠席しなければならないときは、保護者を通して学校 (HR担任等)に連絡をすること。
(3) 病欠が長期 (1週間以上)にわたる場合は医師の診断書を添えて所定の用紙(欠席届)で届け出ること。
(4) 忌引は次を原則とする。
ア父母 7日以内
イ 祖父母、兄弟姉妹 3日以内
ウ 曾祖父母、伯叔父母 1日
エ従兄弟、甥、姪(同居者) 1日

集会等

(1) 生徒は学校で指定する以外の大会や集会に出たり、または掲示、伝達、宣伝等を行う湯合には、事前に学校に届け出承認を得ること。
(2) 校内での選挙活動は禁止する。

交友関係

(1) 交際は健全なものとし、不良交友に陥る交際は避けるようにすること。
(2) 異性との交際は特に慎重にし、節度を重んじること。

情報端末の利用に関する心得

情報端末(インターネットに接続可能な端末、携帯電話等)を利用するときは、以下の利用心得を守ること。
(1) 校内での情報端末使用については制限を行う。
(2) ネットワークを利用するときには、本校の生徒であることを自覚して行う。
(3) ネットワークの向こう側には人間がいることをいつも考慮し、軽率な癸言や他者を誹謗中傷したり、さげすむような発言をしてはならない。
(4) 他者の著作権、プライパシーを侵害するような行為をしてはいけない。
(5) 情報の発信に際しては、自分で資任の持てる内容に限って行う。
(6) 高校生にふさわしくない情報へのアクセスを禁止する。
(7) 使用権を持っていない情報端末への侵入など不正な行為を行ってはいけない。
(8) 他人のアカウントでネットワークを利用してはいけない。また、自分のアカウントを他人に利用させてはいけない。
(9)ネットワークの正常な運用を妨害するような行為をしてはいけない。
(10) ネットワーク上の情報については、正しいもの
であるかをよく判断し、デマやチェーンメールに乗らない。
(11) ネットワーク上で、誹謗中傷などの被害を受けたり、問題が発生したときにはすみやかに教師に報告する。

諸願届について

次の項目に該当するときは、事前に諸願届を学校に届け出承認を得ること。
(1) 旅行許可願
(2) 止宿許可願
(3) アルパイト許可願
(4) 自転車通学許可願
(5) 自動車学校入校許可願
(6) 免許取得届(安全運転誓約書)
(7) 集会参加願
(8) 集会・校舎教室使用届
(9) 紛失・盗難届
上記諸願届の用紙は、所定のものを職員室に準備してある。

注意事項

(1) 高校生の本分をよく自覚し、学校の名を汚すような行為をしないこと。
(2) 校舎や校具を破損、または汚損しないこと。
(3) 学校内での情報端末の使用は定められた時間・場所を除いては禁止とする。
(4) 交通法規を遵守し、交通違反をしないこと。
(5) 露車、バス等に乗車する湯合は、その規則、公衆道徳を守り、又係員の指示に従うこと。
(6) 学校の内外を問わず、飲酒喫煙をしないこと。
(7) 風紀上好ましくない娯楽湯、飲食店などへの出入りはしないこと。
(8) 暴行や脅迫による私的制裁または金銭弦要、賭博、窃盗等、法律に違反する反社会的行動をしない。

火気の取り扱いについて

職員監督時以外は、生徒による火気の取り扱いは行わない。
(1) 生徒は勝手に火気の持ち遊び・灯油の注入及び点火等の操作をしてはならない。
(2) 各教科学科で火気を使用する場合は、必ず担当教師の指示立ち会いの下に使用すること。
(3) 火気周辺は常に登理整頓に努め、引火性物質を置かないこと。
(4) 教科外活動、部活動等のため火気を必要とするときは、指導(顧問)教師付き添いのある場合に限り許可する。
(5) 他の暖房器具・電化製品を持ち込まないこと。

タイトルとURLをコピーしました