【青森】木造高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装規程

総則

この規程は本校生徒が登下校時等で着用する制服や容儀について定めるものである。

  • 制服は正しく着用し、清潔かつ質素・端正なものとする。
  • やむを得ない事情により指定以外の服装をする場合は、所定の許可願を提出し生徒指導部長の許可を受ける。
  • 冬季・夏季制服の着用期間は原則として次の通りとする。
    冬季制服 4月1日~5月31日
    夏期制服 6月1日~9月30日
    冬季制服 10月1日~3月31日

男子制服

制服は標準認定マーク付きの黒色詰襟学生服とする。

  • 学生服の襟には白色カラーを付ける。ただしラウンドカラーでもよい。
  • 指定のバッジを左襟につける。
  • ボタンは指定のものをつける。
  • 襟やすそが短く体型に合わない学生服は認めない。
  • ズボンや幅の極端に広いものや狭いものは認めない。
  • ベルトは革製または合成皮革製で色は黒・こげ茶とし、装飾のないものとする。
  • 学生服の下にパーカーを着用し、フードを出すことは認めない。
  • ソックスはスニーカーソックスや派手なものは認めない。

夏季制服は白色ワイシャツ(半袖・開襟可)とし、胸ポケット上に指定のシールバッジ(生徒指導部で販売)をつける。

女子制服

制服は指定のものとする。→スタイル画参照

  1. バッジは指定のものを用い、上着の左襟先につける。
  2. ストッキング又はタイツは黒色のものを着用sるう。
  3. スカート丈は膝が隠れる程度とする。
  4. 冬季の防寒用として、制服の中にセーターの着用を認める。色は濃紺・黒・グレーとする。
  5. 冬季の防寒用のためにストッキングやタイツの上にソックスを着用する場合は、無地で黒・グレー・紺を基調としたスニーカーソックスとし、派手なものは認めない。

夏季制服はしていのものとする。→スタイル画参照

  1. バッジは指定のものを用い、ベストのポケット上につける。
  2. ソックスは白色とし、ハイソックス等は認めない。

加工の禁止

本校指定の制服を加工してはならない。

コート類

  • コートの色は黒・紺・茶・グレー・カーキ等の華美でないものとする。
  • コート以外の場合、色は黒・紺・茶・グレー・カーキ等の色を基調とし、派手なプリントや刺繍がないものとする。カーディガン・ジャージ等の着用は認めない。

頭髪

頭髪は常に清潔にし、他に不快感を与えてはならない。

  1. 男女とも、パーマ・染色・カール等の加工髪は認めない。また極端な髪型や流行を追った髪型にしない。
  2. 男子について
    1. 後髪は襟にかからないようにする。
    2. 横髪は耳にかからないようにする。
    3. 前髪は眉毛を超えないものとする。
    4. もみあげは耳たぶを超えないものとする。
    5. 部分的刈り込み・部分的長髪をしてはならない。
  3. 女子について
    1. 前髪は眉毛を超えないものとする。
    2. ヘアピン類は黒・紺または茶とし、大型で派手なものは認めない。
    3. 髪を束ねる場合は結う位置を耳までとし、だんごヘアは認めない。

履物

  • 靴は、革製または合成皮革製で色は黒・こげ茶とする。
  • 冬季の靴は、スノトレ・長靴・ブーツも認める。色は白系・黒系・茶系を基調とする。(雪が降った日から可)
  • 上履きは指定のものとする。

鞄は学生鞄・バッグ・リュックとし、教科書の入らないものや袋は認めない。

化粧・服飾・装身具

  • 化粧・マニキュア・眉毛の加工等は認めない。
  • ピアス,ネックレス,ブレスレット(スポーツ用品を含む)等の着装は認めない。

附則

本規程は平成22年4月1日より施行する。
本規程は平成2年4月1日一部を改正し、同日から施行する。
本規程は平成30年4月1日一部を改正し、同日から施行する。

タイトルとURLをコピーしました