【青森】尾上総合高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

学習について

(1) 連絡用封筒・掲示板・時間割表を確認し、身分証明書(名札)を首からさげ、出席カードを提出して受講する。(身分証明書(名札)・出席カードなしは出席にはならない。)
(2) 5分以上の遅刻・中途退室は出席にならない。
(3) 受講中は無駄話・授業妨害・迷惑行為等はしない。携帯電話等(スマホ、タブレット等の通信端末を含む)を操作することや、音を鳴らさない。これらの行為をした場合は、出席にならない。
(4) 受講中は飲食しない。飲食物は机上に置かない。
(5) 自習室では静かに。
(6) 登校後校外に出る場合、必ず外出簿に記入し、玄関にいる担当の先生に断ってから出ること。

生活について

(7) 他を思いやる気持ちを持ち、周囲を不快にさせたり、傷つける言動は厳に慎むこと。
(8) 不必要な貴重品や余分な現金は持参しない。
(9) 学校においては生徒であるということを自覚し、派手な服装や不快感を与える格好は控える。
(10) 校舎内では指定の運動靴を履く。
(11) 忘れた場合は、事務室に申し出てスリッパを借用することができる。(借用簿に記入し帰宅時は返却すること)
(12) 下足ロッカーは共有なので下校時には空にする。使用時には「使用中」の磁石札を利用すること。
(13) ゴミは分別してゴミ箱に入れる。食器のトレイ・ペットボトル・空き缶は洗ってから専用のゴミ箱に入れる。昼食は各自持参し 2階教室、またはコモンスペースでとる。
(14) 成人といえども、校地内は禁煙とする。
(15) 清掃は全員が協力して行う。
(16) 授業時以外に 3階には行かない。
(17) 交通事故は必ず届け出ること。

通学について

(18) 自動車で通学する場合は必ず自動車通学許可願を提出する。提出しない場合は自動車通学を認めない。
(19) 自転車通学の生徒は自転車通学許可願を提出する。
(20) 原動機付自転車、自動二輪車での通学は禁止する。
(21) 駐車・駐輪は指定された場所にする。

服装・容儀規定

1 制服

冬服 4月~5月、10月~3月

(1) 男子 ブレザー・ Yシャツ・ネクタイ・スラックス・ソックス(白)・ベルト (黒紺茶)
(2) 女子 ブレザー・ Yシャツ・ネクタイ・スカート・黒無地タイツ

※ 本校指定のセーター以外の着用は認めない。
※ セーターのみの着用は認めない。
※ 女子の黒無地タイツに代わるハイソックス(紺)の着用は、学校で期間を指定する。

夏服 6月~9月

(1) 男子 指定のYシャツ・スラックス・ソックス(白)・ベルト(黒紺茶)
(2) 女子 指定のオーバーブラウス・スカート・ハイソックス(紺)

※  寒い場合は指定の Yシャツ・オーバーブラウスの上にブレザーを着ることができる。このとき、ネクタイは着用しない。
※  指定の Yシャツ・オーバーブラウスの上にセーター・カーディガン及びジャージ等の着用は認めない。

2 制服の着こなし
(1) ブレザー
3つのボタンはきちんとかける。
(2) Yシャツ
Yシャツはスラックス・スカートの中にきちんと入れる。
Yシャツの下に着るシャツは、白(無地)とする。
(3) スラックス・スカート
スラックスを下げて履かないこと。スラックスの裾が擦り切れないよう適度な長さにする。
スカートの長さは膝頭にかかるものとし、ベルト部分を折ったり、短く加工しない。
(4) ネクタイ
ネクタイはしつかりと上まであげる。

※ 加工した制服の着用は認めない。直せないものは学校で卒業まで預り新調してもらう。

3 頭髪
(1) 男子
端正・清潔な髪にし、特殊な加工(アシンメトリー・パーマ・染色・脱色等)はしない。
前髪は目に、横髪は耳に、後ろ髪は襟にかからないように整髪する。
(2) 女子
端正・清潔な髪にし、特殊な加工(アシンメトリー・パーマ・染色・脱色等)はしない。
前髪は目にかからないようにし、髪が肩にかかるものは、黒の髪留め・ゴムで結う。

4 履物・防寒用コート
(1) 内履きは学校指定のものとし、かかとをつぶして履かない。
(2) 外履きは高校生らしい黒…茶色の革靴、または華美でないスニーカーとする。
(3) 冬期間の外履きは、華美でないスノーシューズ・ブーツ等の高校生らしい防寒用靴を認める。
(4) 防寒用コートは、華美でないものとする。

5 その他
(1) 化粧や眉毛・まつげの加工をしない。
(2) ピアスをしない。(耳にピアス用の穴をあけることも厳禁)
(3) 長い爪は切り、マニキュアをしない。
(4) つけ毛(エクステンション)・カラーコンタクトをしない。
(5) 装身具(指輪、ネックレス、腕輪等)をしない。
(6) 事情により制服等を着用できない場合は、担任を通じて生徒指導部に「異装許可願」を提出し、許可を得ること。

タイトルとURLをコピーしました