【青森】弘前工業高等学校(全日・定時)の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

全日制

服装規定

服装は、以下に規定する各事項と服装容儀指導基準に従い、品性を保ち、清潔と端正を 心がけること。

制服

男子生徒

上衣 ………標準型(認証マーク付き)の黒色詰襟学生服とし、体格に合ったゆっ たりしたものとする。上着丈は両腕を伸ばした時に少なくとも拳に届 かなければならない。規定のポクンをつけ、左襟に校名記章、右襟に 科章をつける。
ズボン ……ストレート型の標準型学生ズボンとする。
はきもの …外履きは、黒または茶色の踵が低い短靴もしくは運動靴(ズック靴)とする。内履きは学校指定のズック靴とする。
靴下 ………地味な色のものとする。ただし、儀式等では黒または白無地ソックスとする。
ベルト ……色は黒・濃紺・濃茶のペルトを着用する。

女子生徒

上衣 ………濃紺色のサージ類の生地を用い、本校規定の型とする。ブロード生地の台襟シャツカラー長袖白ブラウスに規定のネクタイをする。上衣の左胸部に校名記章を、ネクタイに科章をつける。スカート …本校規定のひだスカートとし、ひざがかくれる程度から膝頭の締囲の長さとする。
ネクタイ …本校規定のもの(ジャケット・ベストの襟ぐりの交点から 2cmの部分 が 4 cm以上の巾)を着用する。
はきもの …外履きは、黒または茶色の踵が低い短靴もしくは運動靴(ズック靴)とする。内履きは学校指定のズック靴とする。
靴下 ………ストッキングは、黒色無地とする。夏季は白・緯・黒の無逮ソックスと する。ただし、儀式等では白無地ソックスとする。

頭髪

男子生徒

頭髪は、常に整髪を心掛け清潔で自然な髪型であること。整髪料で髪を立てたりし ないこと。マユゲ・耳・襟にかからない長さとし、すそは端正に整えること。人工加工(パーマ・アイパー・染色等)、そりこみ、ピンカット、ヒゲ等は禁止する。

女子生徒

頭髪は、常に清潔を保ち自然な髪型であること パーマ・カール・ブロー・染色等 はしてはならない。前髪はマユゲにかからないようにし、後髪はすそをそろえ肩にかからないものとする。ただし、肩にかかる場合は結う。
ショートカット・ポニーテール・一本結い・三つ編み等は認める。(ファッション性が強い型は認めない。)

その他
・ピアス・指輪等は禁止する。
・手のつめは短くいつも清潔にする。
・マニキュア・化粧・マユゲの加工は禁止する。

防寒用コート等

原則的に無地で、型や色などが派手でないものとする。

通学用バック

教科書やノート等を入れ、持ち運べるような実用性があり、ファスナーが付いているものとする。スポーツバッグやデイバッグも認める。

夏季服装について

6月1日~ 9月30日を夏季賑装期間とし、下記のとおりとする。 この期間の前後約1週間を準備期間とする。

(1) 男子生徒
本校規定の開襟シャツ(半袖・長袖)とする。

(2) 女子生徒
台襟シャツカラー白ブラウスを着用の湯合はネククイをする。白の開襟シャツ を着用の場合はノーネクタイとする。また、本校指定の盛夏用ブラウスでもよ いが着用躙閻は別に指示する。(ブラウス、開襟シャツはいずれもブロード生地とする)

異装許可

やむを得ない理由によって異装する湯合は、所定の手続きを経て許可を受けること。


定時制

青森県に対する情報公開請求で開示された当該高校の文書はありませんでした。(2021年度)

タイトルとURLをコピーしました